写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

お金を払えば柵の目の前で見られる『新居関跡』

静岡県湖西市の史跡『新居関跡』に行ってみた。ここは日本で唯一現存する関所建物として国の特別史跡に指定されている施設

江戸時代に作られ東海道を通る際にはここで通行許可証となる「通行手形」を見せて人やモノの移動を管理していた。鉄砲女性の通行に関しては建物の中で特に厳しく取り調べが行われたらしい

 

平成の世でも、この関所に入るためには300円が必要となる

f:id:amano_shintaro:20170719202510j:plain

 

入り口近くの東屋では観光向きのが開かれていた。冷たい緑茶の振る舞いや、名産品の販売など。うなぎの肝焼き焼きそばなんかの屋台飯もあった

f:id:amano_shintaro:20170719202511j:plain

 

関所の中は大きな公園のようになっていた。奥の建物は関所役人が勤務していたところ。手前の池は昔は浜名湖と繋がっていて、でここに直通で入れたらしい。今は周りが埋め立てられてて、どこに浜名湖があるかも分からない状態

f:id:amano_shintaro:20170719202528j:plain

 

建物の中には等身大の人形がズラリ

f:id:amano_shintaro:20170719202515j:plain

 

顔がキレイでみんな男前に見える

f:id:amano_shintaro:20170719202517j:plain

 

文章書いている人、銃を調べている人、それぞれ何かの仕事をしていた。ただこの人だけはどんな意味のある動きなのか分からなかった。配置換えして間がないから慣れてないのかな

f:id:amano_shintaro:20170719202518j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170719202519j:plain

 

関所では冗談通じないから注意

f:id:amano_shintaro:20170719202514j:plain

 

立派な甲冑も飾ってあり格式ある雰囲気

f:id:amano_shintaro:20170719202522j:plain

 

外からのぞいても目が合う

f:id:amano_shintaro:20170719202524j:plain

 

「女改(おんなあらため)」女性が取り調べを受けるところ。こちらの建物の中には入ることができなかった。自分が男だからじゃなくみんなは入っちゃダメ

f:id:amano_shintaro:20170719202521j:plain

 

建物の外からなら見られる。覗きをしているようでやや恥ずかしい

f:id:amano_shintaro:20170719202525j:plain

 

 

「関所資料館」関所入口の建物の裏が、資料館の入口になっている。この中は撮影禁止。地味系の資料がたくさん並んでいた

f:id:amano_shintaro:20170719202527j:plain

 

この船着き場で、写真の右側から奥にかけてずーっと浜名湖に続いていたらしい。浜名湖の湖岸は全然見えないから、相当遠くまで埋め立てたみたい

f:id:amano_shintaro:20170719202529j:plain

 

この関所の正式な門となる「大御門」は船着き場から建物を超えた向こう側にあった

f:id:amano_shintaro:20170719202512j:plain

 

大御門に近づいてみたらなんと新居関跡の敷地の外側の普通の道路の方にあった。この門が関所のメインだと思ってたので複雑な気分。わざわざお金払って柵越しにメインの建物を見る切なさ

f:id:amano_shintaro:20170719202523j:plain

 

 

というわけで関所跡の施設を出て門まで来てみた。満足

f:id:amano_shintaro:20170719202530j:plain

 

正門のすぐ近くに裏門の跡地を見つけた。門はあるけど塀はないというシュールなアート作品みたいになっていた

f:id:amano_shintaro:20170719202531j:plain

 

 

【関所つながりの記事】

等身大人形つながりの記事】

 

製造期間は80週間『名古屋市科学館特別展「ロボットってなんだろう?」』

2017年7月15日~9月3日まで愛知県名古屋市の名古屋市科学館で開催している「ロボットってなんだろう?」に行ってきた

f:id:amano_shintaro:20170719202654j:plain

 

展示会場大きなフロアを壁で仕切っていて、いくつもの部屋を順番に回っていく。写真の左が入口で右が出口

f:id:amano_shintaro:20170719202714j:plain

 

展示の各所にかわいいイラストが描かれていて、わくわく楽しい雰囲気

f:id:amano_shintaro:20170719202655j:plain

 

ロボットの歴史を学べる「機械の本」前に立っているキャラを触ると奥に映像があらわれて動く

f:id:amano_shintaro:20170719202656j:plain

 

「日本のからくり人形」これは1794年の設計図をもとに作ったもの。ゼンマイ式なので放っておいても動く

f:id:amano_shintaro:20170719202658j:plain

 

敏速に稼働することを目的とした実験機「AIT鉄人4号jr」 以前、瀬戸市のロボット祭りでこれにそっくりで大きなものを見た気がする。同じ系列の機体かな?

f:id:amano_shintaro:20170719202659j:plain

 

「Robi」簡単な会話をしたり、立って踊ったり出来るコミュニケーションロボットディアゴスティーニで毎週送られてくる部品を自分で組み立てて作るから、完成前からすごく感情移入してしまいそう

f:id:amano_shintaro:20170719202700j:plain

 

今は「Robi2」ディアゴスティーニで発売中。80号で完成なので1年半くらいこの部品が毎週送られてくることになる

f:id:amano_shintaro:20170719202701j:plain

 

人間が崩したルービックキューブを渡すと、1分くらいで全面揃え直すロボット。似たことやるやつが大阪の科学館にいた気がする

f:id:amano_shintaro:20170719202704j:plain

 

とにかくイラストがステキ。ふきだしの言葉も展示内容とかかってていい味でてる

f:id:amano_shintaro:20170719202705j:plain

 

近所のイオンでよく会う「ペッパーくん」 たまに不思議な方向をじっと凝視する。何が見えているのか聞いても、それだけは答えてくれない

f:id:amano_shintaro:20170719202706j:plain

 

その時の機嫌が目の色で分かる「ネコ型ロボット」可愛く鳴いてたと思ったら急に突進してきたりして気まぐれな感じ。だとちゃんと懐かないといけないけどなら奔放でも違和感ないから、こっちのアクションを無視して適当に動いてても許せちゃう

f:id:amano_shintaro:20170719202711j:plain

 

「KIROBO mini」自分が知っている中では現時点で一番会話っぽい事ができるロボット。分からない言葉があると聞き返してきて、知ってる言葉と関連付けて覚えようとする。製造はあのトヨタというところが面白い

f:id:amano_shintaro:20170719202707j:plain

 

「ミミズ型ロボット」黒い部分が規則正しく膨らむことで細い穴を進むことができる。すごく気持ち悪い動きをする

f:id:amano_shintaro:20170719202709j:plain

 

人の動きに合わせて発光回転をするロボット。クラゲみたい

f:id:amano_shintaro:20170719202708j:plain

 

ヒトのガンの部分をピンポイントで治療する機械。すごく大きい

f:id:amano_shintaro:20170719202713j:plain

 

自動鍋振り中華レンジ「鉄腕・スーパー炒レンジャーA」 仰々しい名前も許せるくらい、しっかりとチャーハン作りの動きをするロボット。中華料理店の"チャーハンで腱鞘炎になる率"はかなり高いはずなので、厨房の救世主になれそう

f:id:amano_shintaro:20170719202712j:plain

 

魚の輪郭を描くと、それに合わせてリアルな魚の絵になる機械。子どもが描く絵のほとんどは「ヒラメ」っぽくなっていた。ということはみんながみんな同じ特徴で描いていることになる。たぶんしっぽの付け根の角度

f:id:amano_shintaro:20170719202710j:plain

 

物販コーナー「内蔵の状態のロボット」が展示されていた。”もふもふ”がいかに重要かを再認識させられた

f:id:amano_shintaro:20170719202715j:plain

 

楽しい雰囲気で”ロボットとは何なのか?””心とは何なのか?””人はどうロボットと生きていくのか?”という深い部分が学べる素晴らしい展示だった

”未来”に興味のある人なら大人も子供も楽しめる、オススメのイベントです!

 

 

 

【ルービックキューブロボットつながりの記事】

【鉄人プロジェクトつながりの記事】

 

 

火吹き銃 みちに子倒れ 鬼おどる『設楽原決戦場まつり(後編)』

愛知県新城市の歴史まつり『設楽原決戦場まつり』に行ってみた

【前半の記事はこちら】yummyart.shintaro-amano.com

 

「小中学生武者行列」手作りの甲冑を着た子ども武者たちが、資料館から馬防柵演武会場まで列をなして歩いていく

f:id:amano_shintaro:20170715233715j:plain

 

近くの小学校中学校の子どもたちが参加

f:id:amano_shintaro:20170715233716j:plain

 

武将役の子はに乗って行脚。やっぱりがいるとグッとまつりが締まる

f:id:amano_shintaro:20170715233720j:plain

 

子どもたちは武田軍織田徳川軍に分かれていた

f:id:amano_shintaro:20170715233721j:plain

 

この柵が「馬防柵」といわれるもの。織田徳川軍は、武田軍騎馬部隊の進軍を止めるためここに陣取り、馬対策の柵を2㎞にわたって作ったらしい

f:id:amano_shintaro:20170715233723j:plain

 

そして武田軍が向かってくるところを馬防柵の内側から3000丁の火縄銃を使って攻撃。最強と言われた騎馬部隊を撃退したという

f:id:amano_shintaro:20170715233724j:plain

 

 

子どもたちが揃うと演目名「武田軍と織田・徳川連合軍の馬防柵対決」が始まった。内容は、丘に向かって走って攻めてくる武田軍が火縄銃で撃たれてバタバタと倒れていくという寸劇。お互いの大将が口上を述べたりするときに、織田徳川軍の武将が武田軍のプライドをつつくような挑発をして、相手にまっすぐつっこんでこさせる感じがなんだかリアルだった

ひととおり演目が終わると死んだはずの子ども武者たちは何事もなかったかのように起き上がって、てくてくと歩いて帰っていった。こういうのいい思い出になりそう

f:id:amano_shintaro:20170715233727j:plain

 

 

子どもたちの演目の後は「川路覇城太鼓」という、鬼の装束で荒々しく太鼓をたたく集団が登場。見た目バチさばきがマッチしていた

f:id:amano_shintaro:20170715233728j:plain

 

 

この祭のフィナーレとなる「火縄銃演武」日本各地から鉄砲隊が終結し、様々な衣装と発砲技術を披露した。とにかく音がすごくて、周りを囲むというから時間差で反射音が聞こえまくる

f:id:amano_shintaro:20170715233729j:plain

 

ただ坂を上っているだけでも火縄銃を担いだ甲冑姿は絵になる

f:id:amano_shintaro:20170715233730j:plain

 

同時に撃ったり、交互に撃ったり、順番に撃ったりと色んなバリエーションで何度も発砲していた

f:id:amano_shintaro:20170715233731j:plain

 

銃で狙っている方に回り込んで撮影してみた。空砲らしいから弾が飛んでくることはないみたい。とはいっても「空砲」っていうのが何なのかよく分からないから100パーセントの油断はできなかった

f:id:amano_shintaro:20170715234712j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170715234711j:plain

 

 

 【銃つながりの記事】

 【鬼つながりの記事】