写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

それが目なのかどうかさえ定かではない生き物のようなモノ『岐阜県多治見市・花水樹ふれあいパーク』

 岐阜県多治見市から車で愛知県に向かっていた途中、奇妙な造形物を発見

f:id:amano_shintaro:20171109205556j:plain

 

車を降りて近づいてみると入口にこれまた独特な見た目の”門”のようなものが。その奥にはため池が見えた

f:id:amano_shintaro:20171109205557j:plain

 

どやらここは『花水樹ふれあいパーク』というところらしい。看板を見るまで”ちゃんとした公園”だということに気がつかなかった。詳しい住所は岐阜県多治見市笠原町みたい

f:id:amano_shintaro:20171115190649j:plain

 

トイレのデザインも独特。建物が全体的に屋根になっている

f:id:amano_shintaro:20171115190702j:plain

 

池を見るための展望台も、祭壇っぽい

f:id:amano_shintaro:20171109205607j:plain

f:id:amano_shintaro:20171109205608j:plain

 

この池は地図に「一号池」としか書いてなかった。せっかくだから何か名前をつけてあげればいいのに

f:id:amano_shintaro:20171109205558j:plain

 

写真の左がで、そのほとりは大きな広場、そして丘の上には問題の造形物

f:id:amano_shintaro:20171115190614j:plain

 

 

軟体動物のようなのようなのような、なにかしらのヤバい生き物に見える

f:id:amano_shintaro:20171109205559j:plain

 

多治見市「モザイクタイルミュージアム」を有するほどの”タイルのまち”なので、これにもふんだんにタイルが使われている

f:id:amano_shintaro:20171109205600j:plain

 

哺乳類の足っぽい部分も

f:id:amano_shintaro:20171109205603j:plain

 

上部は老いた筋肉みたいなうねりのある曲線

f:id:amano_shintaro:20171109205604j:plain

 

中央部にはが。この造形物全体が生き物だとするなら、これは”口”なのかもしれない

f:id:amano_shintaro:20171109205601j:plain

 

まとめ

ぜひ多治見市に行った際には寄ってほしい公園。のんびりした雰囲気の公園に、異様で巨大なヤツが佇んでいる光景は必見!

一体この造形物は何なのか、もし何か分かったら追って報告します

 

f:id:amano_shintaro:20171109205605j:plain

 

 

 

 【デザインがキてる遊具つながりの記事】