写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

写真家あまのしんたろう公式サイト。東海地方&愛知県を中心に、地域ブログ記事や、お祭り地域イベント、B級グルメの感想レビューなどをアップ。フォトグラファー活動として写真展やyoutube作品も展開

ヤミーアートミュージャム

よるの動物、よるの植物、よるの恐竜『豊橋総合動植物公園のんほいパーク・ナイトZOO』(写真大量)

 愛知県豊橋市にある動植物園『豊橋のんほいパーク』で開催している「ナイトZOO」に行ってきた

8月から9月中旬までの土日、夕方から21時にかけてやっていて、夜の動物園を楽しめるというおもしろイベント

 

 開園20分前の17時40分に駐車場に到着。 18時から21時までの3時間開催と全部見るには短めの時間設定なので、開場したらすぐに入ろうとかなりの人が集まっていた

豊橋総合動植物公園 ナイトZOO 開演前

 

会場直前の園内の様子。昼営業を終えて一度閉園した1時間の間に「ナイトZOO」の準備をしていた

のんほいパーク ナイトZOO 開演前

 

入口では行列が何度も折り返していた

f:id:amano_shintaro:20170913201756j:plain

 

まだ明るいけど「ナイトZOO」開園!

動物園 開門 夜間営業

 

 アニメ「けものフレンズ」のキャラクターデザイナーのオリジナルイラストが展示。けものフレンズの主要キャラのサーバルキャットを、のんほいパークが偶然ながらナイスタイミングで新しく飼育することになったことから、繋がりが生まれたみたい

けものフレンズ 吉崎観音 のんほいパーク

 

 

まずはツキノワグマを見学。夜になると活発に動くナイトZOOにもってこいの動物。まだ開園直後で明るかったからか、まったく動かなかった

豊橋動物園 ツキノワグマ 睡眠

 

みるみる暗くなっていく園内。キツネは昼も夜も同じかんじでマイペース

キツネ 夜行性 昼行性

 

猿山の猿は昼より涼しくなって、この時期にしてはよく動いていた。この鑑賞台は上からも横からも観られて、なかなかのものだと思う

のんほいパーク 夜 サル山

 

オーストラリア園カンガルーたちが暗闇の中、集団で立ち尽くしていた。何か危ない儀式でもやってるような雰囲気

のんほいパーク カンガルー 儀式

と思ったら、ただの食事待ちだった

豊橋総合動植物公園 カンガルー 食事タイム

 

で道が示されていて、順路が分かりやすい

豊橋総合動植物公園 ナイトZOO イルミネーション

 

 

ふれあいコーナーヤギうさぎをさわれる。夜じゃなくてもいいような気はするけど、子どもたちはこういうのが好きみたいで長い行列を作っていた

夜 ふれあいコーナー ヤギ

 

星空グルメガーデンでは屋台の飲食店がズラリ。ちゃんと数えてないけど20軒くらいはあったと思う

のんほいパーク 屋台 グルメ

 

エコポニーという自分の力で前に進む乗り物のコーナー。周回コースになってたからレースが出来そう

のんほいパーク エコポニー 遊具

 

ハムスターボールという球体に入って水の上を走ることができるコーナー。このままサバンナエリアとか歩いたら、さらに楽しそう。サイの角には弱そうかな

のんほいパーク ハムスターボール イベント

 

 ゾウが常に水をスプラッシュしてくれていた。お昼の炎天下の中なら恵みの水になりそう。夜だと水の飛び具合が暗くてよく分からないから、射程距離を見誤って近くを通ると一気にビショビショになってしまう

ゾウ 噴水 ビショビショ

 

大道芸人のショー。5段のパイプ椅子を飛ぶという芸。このすごさをちゃんと理解するために”自分の場合はこれを何段飛べるのか”を知りたくなった

跳び箱 大道芸 パイプ椅子

 

 

マンホールにけものフレンズのイラストが。ナイトZOOの時間だと足元が暗いからうっかり見落としてしまいそう、注意!

けものフレンズ サーバルちゃん のんほいパーク

 

夜行性動物館は、普段から昼の営業時に館内が暗くなってるはず。ずっと昼夜逆転状態で展示してるんだから、今回みたいに夜に見に行くと彼らにとっては昼の時間ということになる。つまり動かない

けものフレンズ

 

サーバルキャットはこの耳のウラの模様が異様な感じで好き。おばけの目みたい

けものフレンズ 実写 サーバルキャット

 

ナイトZOOは進入禁止エリアも多いので、すべてのマンホールを見ることも出来ないのかもしれない。あんまりしっかり探さなかったからか、結局この日は2つのけものフレンズマンホールしか見つけられなかった

けものフレンズ イワトビペンギン 豊橋動物園

 

ペンギンゾーン。夜のライティングで、空間全体が浮かび上がるようなキレイさがあった

ペンギン 豊橋総合動植物公園 ナイトZOO

 

アタマを出していないと岩なのか区別つかないくらい動かないカバ

豊橋総合動植物公園 カバ ナス

 

夜に見るサイは一段と大きく見えて、かなり怖い

豊橋総合動植物公園 サイ ライトアップ

 

ミーアキャットの展示ゾーン。夜は見張りをしないみたい

のんほいパーク ミーアキャット 無防備

 

岩山の中に神々しく光る頭蓋骨

のんほいパーク 頭蓋骨 洞窟

 

アフリカ園のシマウマは夜も昼も同じような雰囲気。夜の方が狙われることが多そうだからややかたまって行動してるかも

のんほいパーク 夜間営業 シマウマ

 

 幻想的な光でゾウのおしりを鑑賞

のんほいパーク ゾウ おしり

向こうに回り込んだらすごく近くで見られて、お客さんで混雑していた

のんほいパーク ゾウ ナイトZOO

 

けものフレンズの世界っぽい建物を発見

ジャパリパーク 廃墟 のんほいパーク

 

 工事中の壁も何となくキレイに見える空間

工事中 イルミネーション のんほいパーク

 

 

園内には遊園地エリアも。ナイトZOOでは遊具は乗り放題

遊園地 イルミネーション のんほいパーク

 

夜関係ない気もするけど、面白そうなアトラクションだから長蛇の列

のんほいパーク アトラクション ガンシューティング

 

よく見ると、観覧車に光っている部分とそうじゃないのがある。人が乗ってると光るのかと予想したけど、ちゃんと確認はしてないから全然違う理由かも

観覧車 ナイトZOO 豊橋総合動植物公園

 

今宵の宴に酔いしれる人々

酒盛り ドンチャン騒ぎ 動物園

 

ゲームセンターの遊具が外に出ていた。開放感の中でのゲームも楽しそう

遊園地 屋外ゲームセンター 愛知

 

 

休憩エリアが魅惑的

ピラミッド 夜間営業 公園

 

広場にあるピラミッドは様々な色にライティングが切り替わっていく仕掛け

ピラミッド イルミネーション のんほいパーク

 

レストランの前にはイルミネーションも

レストラン のんほいパーク イルミネーション

 

 高さ48mの「のんほいタワー」プロジェクションマッピング。動物関連の映像作品が上映

のんほいタワー のんほいパーク プロジェクションマッピング

 

映像内にはサーバルキャットも。ちゃんと押さえるとこ押さえてる

けものフレンズ サーバルちゃん プロジェクションマッピング

 

大花壇のライティングが見事。植物エリアの温室との組み合わせもいい

温室 ドーム 豊橋

 

 

こちらが温室の入口。洞くつ風になっていて夜に入るとお化け屋敷的な怖さがすごい。ここで断念する子どもがけっこういそう

洞窟 入口 豊橋総合動植物公園

 

昼に見たらかわいい演出なんだと思う。夜にはちょっと……

ホラー トラ 肝試し

 

ひもを引っ張ると上にあがっていくサルのおもちゃ。これも暗い中で見るとギョッとしてしまった

カラクリ サル のんほいパーク

 かなりの高さまで上がっていく

サル 木登り ギミック

 

温室内は2階層になっていて、中にはもある

滝つぼ のんほいパーク 豊橋

 

人工物と植物がせめぎ合っていて、ここもけものフレンズの世界っぽい気がする

神殿 豊橋 森

 

はかまを履いたみたいになってる木

袴 のんほいパーク 温室

 

温室の出口には記念撮影できそうなコーナーが。こちらも夜にスポットライトで照らされるとゴッドファーザー的な雰囲気が漂う

のんほいパーク 記念撮影 ゴッドファーザー

 

 

のんほいパークは恐竜関係の展示も充実。このコは目が特徴的

恐竜

 

色がキてる

恐竜 彩色 派手

 

手がなんか生々しい

恐竜 巨大 豊橋総合動植物公園

 

グッジョブ感

恐竜 ハンドサイン オッケー

 

最初の駐車場から見えていたのはこの恐竜かな

恐竜 のんほいパーク シンボル

 

途中で雨が降ってきて、閉園時間が近づくにつれて強くなってきた。恐竜も雨宿り

恐竜 大雨 ナイトZOO

 

閉園間近でついに雨降りマックス状態に。やむのは期待できなそうだから、少しでも弱まったら出口までダッシュする作戦にし、結局びしょびしょになって帰宅した

大雨 ナイトZOO のんほいパーク

 

最後は雨で大変なことになってしまったけど、それはそれでおもしろかった。ただ「夜の動物」を見るだけじゃなくて「夜の動物園」という身近な異空間を楽しむ感覚

今年の開催は今週末の9月16~18日で終わってしまうので、興味ある人は急いでいくべき!ものすごくオススメです!

 

  

 

【 昼ののんほいパークの記事】

 【豊橋市つながりの記事】