写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

どんぐりに手なんてあるわけないか『どんぐりの里いなぶ』

 愛知県豊田市にある道の駅「どんぐりの里いなぶ」に行ってみた。物産や食事処のある「どんぐり横丁」と、スーパー銭湯「どんぐりの湯」からなる施設。今回は「どんぐり横丁」をまわってみた

 

写真撮ったのは5月なので「こいのぼり」が泳いでいた。一番左の「こい」だけ屋根で横になっててサボり気味

f:id:amano_shintaro:20170621130503j:plain

 

名古屋の道の駅の集合展で選ばれて出店していた「炭焼きフランク」 味はプレーンピリ辛みその3種類でどれも250円

f:id:amano_shintaro:20170621130516j:plain

 

噛むと脂が滴ってくる系でうわさ通りの美味しさ。プレーンよりもみそ味の方がはっきりとした味な気がした。ピリ辛食べてないから3本の最終評価は次回来店時かな

f:id:amano_shintaro:20170621130510j:plain

 

次々たまっていく炭焼きフランクの串

f:id:amano_shintaro:20170621130504j:plain

 

 

 「どんぐり横丁」の建物内にある「どんぐり食堂」

f:id:amano_shintaro:20170621130505j:plain

 

「ブルーベリーカレー」 ブルーベリーは稲武の特産物らしく、何粒かがそのまま入っていた。しっかり煮込んであるからすごくやわらかくて、味もほとんどカレーに馴染んでいるから、意識して食べないとブルーベリーって分からないくらい。ピックアップするとこんな感じ↓

f:id:amano_shintaro:20170621130513j:plain

 

日本チャンピオンの地位を返上して世界に挑もうかという姿勢が見える

f:id:amano_shintaro:20170621130514j:plain

 

物産コーナーにはそれぞれの商品のキャラクターが点在。個性的なデザインでおもしろい

f:id:amano_shintaro:20170621130506j:plain

 

物産コーナーに併設の「パンコーナー」を見に行ったら、ちょうどパンの焼きあがり時間だった。パンを売り場に並べる前のトレイに入っている段階で、みるみる売れていく人気っぷり。自分も一番おいしそうな「カレーパン」を急いで確保した

しばらくしてパンコーナーが落ち着いたので様子を見に行ってみたら、売り場の棚に「カレーパン」だけ何個も残っていた

f:id:amano_shintaro:20170621130507j:plain

 

「米粉入りカレーパン」 パン部分がふわっふわのやわらかさでカレールーの食感と一体化していておいしい

f:id:amano_shintaro:20170621130509j:plain

 

物産コーナーでわさび好きとしては買わないわけにはいかない商品を発見「本わさび風あられ」 しかし食べてみると、めちゃくちゃ甘い

最初に甘いなって感じた後、わさびの風味がして、これはめちゃくちゃ辛いのが来るかと思って構えたら、砂糖バリバリの甘さが口に広がる。ダメというほどではないけどたくさんは食べられない感じ

f:id:amano_shintaro:20170621130508j:plain

 

 

ギャラリーコーナーの窓際に「どんぐりの里」のキャラクター「グリッピー」がいた。ほっぺたの穴がとても気になる

f:id:amano_shintaro:20170621130517j:plain

 

あの穴、ほっぺたじゃなくてだったのかも。ギャラリーの裏にあったこれが「手」なのかもしれない

f:id:amano_shintaro:20170621130518j:plain

 

 

フランクつながりの記事

近くの地方で行われたまつりの記事