写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

まつりに着ていく服がない『有松絞りまつり(前編)』

愛知県名古屋市緑区の有松町で6月3、4日に開催された『第33回有松絞りまつり』

特にイベントのないときでも古い街並み染め物を観光できる有松。名古屋からすぐの駅の、ほんの目の前にこの街並みが残っているのも魅力

そんな有松がまつりの日だからってちょっと本気出したとあれば、すぐに大勢のお客さんを集めてしまう。地味なのに潜在能力のすごい街

f:id:amano_shintaro:20170605214731j:plain

 

メインの大通りの賑わいはすごい。そしてメインの裏通りもすごい

f:id:amano_shintaro:20170605214721j:plain

 

フリーマーケットのラインナップがおもむき方向に振れてる

f:id:amano_shintaro:20170605214725j:plain

 

お祭りの目印ともいえる連旗も凝ってる

f:id:amano_shintaro:20170605214730j:plain

 

駐車場なんかの平らなスペースは全部びっしり屋台が詰まっている

f:id:amano_shintaro:20170605214744j:plain

 

最近ハマってるフランクフルトをここでも購入。豊田市足助のzizi工房のモノで、皮のパリっと感が特徴的でおいしい

f:id:amano_shintaro:20170605214737j:plain

 

ただの細い道も演出次第で通りたくなる道

f:id:amano_shintaro:20170605214724j:plain

 

一見チークピーシーズかと思った。屋台の奥に小さな木の板が並んでいたからこれは鼻緒なはず。すごくきれいだから鼻緒にだけじゃなく、他に何か使い方を考えたくなった。カメラのストラップ……にはちょっと太すぎるかなあ

f:id:amano_shintaro:20170605214723j:plain

 

山車のからくり人形文字を書く実演。風や気温や湿度なんかで、書ける具合が変わるらしい

f:id:amano_shintaro:20170605214722j:plain

 

山車の下には人の入れる場所があり、ここで祭囃子の演奏が行われる

f:id:amano_shintaro:20170605214726j:plain

 

ステージブースの背景幕がシブい

f:id:amano_shintaro:20170605214741j:plain

 

着物を着てる人がすごく多い。洋服来てる方が浮く可能性まである

f:id:amano_shintaro:20170605214718j:plain

 

有松小学校体育館の展示。どんなスケールの会場にも合わせられる染め物の対応力

f:id:amano_shintaro:20170605214720j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170605214719j:plain

 

 

 後編へつづく↓ 学校を使っているイベントつながりの記事↓