写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

写真家あまのしんたろう公式サイト。東海地方&愛知県を中心に、地域ブログ記事や、お祭り地域イベント、B級グルメの感想レビューなどをアップ。フォトグラファー活動として写真展やyoutube作品も展開

ヤミーアートミュージャム

とよはし都市型アートイベント『sebone2018』レビューと『写真展ガマゴオリクエスト』出展

2018年9月に愛知県豊橋市で行われたアートイベント『sebone』

豊橋市の中心市街地にある川の上に建っている「水上ビル」を中心に使って行われるアートイベントで、今回で15回目の開催。自分も第12回から出展していて今回で4回目の参加

今年のテーマは「ホームグラウンド」で、それにちなんだ作品が空き店舗のスペースなどに点在。それぞれが遠すぎず近すぎずの距離感で、水上ビルの数百メートル区間を歩きながら楽しめた

 

運営本部は水上ビルの端っこの広場。うまくいけば高額な商品券がもらえたりするスタンプラリーの抽選場を兼ねていて、お昼になると列が出来たりする

水上ビルで開催の豊橋アートイベントsebone2018

 

水上ビルエリア

あまのしんたろう写真展『ガマゴオリクエスト』

今回も昨年と同じ会場。seboneではいつも豊橋市の近隣のまちを撮影した展示をやっていて、今回は「蒲郡市」の写真でやってみた。詳しい内容はこのブログで後日レポートします!

seboneでの写真展の様子

 

♪ドレミファソラシシ♪

♪ドレミファソラシシ♪

 

 

 Takayuki Odaとその仲間・ウッドバーニング体験

木を焦がして絵を描くワークショップ。本格的な体験に加えて一回100円という破格な安さで大人気だった

sebone2018のウッドバーニングワークショップ

  

大橋夏美作品

”雨好き”の心をくすぐる作品

sebone2018での大橋夏美作品

 

まちじゅう図書館プロジェクト

豊橋市の中心的な建物と公園が現在工事中で、そのガレキで描かれたのがこの矢印

sebone2018でのまちじゅう図書館プロジェクト

窓から矢印の先を見ると、ダイナミックな工事現場が見られる

下から見るならこの場所が一番”非日常感”があるかな

 

水上ビルという建物そのものがアートだったりする

 

micarica光のアート

暗幕が入口だと入ってみたくなる!

micarica光のアートsebone2018年

 

点描アート展示

まちにあるタイル壁にお客さんたちがシールを張っていってドット絵を作っていく企画

豊橋アートイベントsebone2018目玉企画点描アート

 

山下武士作品

多分倉庫かなにかが会場。ドアから奥に入っても天井の高さが120㎝くらいしかない不思議な展示空間

この場所も面白いけど、普通の部屋でやっても十分楽しめるくらいクオリティの高い作品だった

sebone2018での山下武士展示

 

TakahiroIshiyama作品

2018年seboneのtakahiroishiyamaセミの抜け殻作品

よく考えたらセミの抜け殻は”脱いだ服”程度のモノ。この時点では”死”とは関係ないんだった

 

みずのうえビジターセンター

水上ビルの中腹にある、まちづくりイベントの拠点的な場所。ここにも作品展示があってワークショップが開催

sebone開催時のみずのうえビジターセンターの様子水の上ビジターセンター 

堀川シンジとそのお仲間

昨年の『ええじゃないか豊橋音祭り』にも出ていたギターの堀川さん。味のある声色でじっくり聴きたい系アーティスト。あと、セッションしているお仲間の楽器が珍しすぎて何かの武器みたいだった

sebone2018年の堀川シンジ路上ライブ

 

Cellos Rhyme(チェロズライム)

写真展会場の前がいきなりライブ会場に

sebone2018年のチェロズライムの演奏風景

 

おそらチャレンジャー

おそらチャレンジャー

 

 

穂の国とよはし芸術劇場PLAT

Dream Weaver 高校生プロジェクト「愛着のある言葉たち」

忘れものの多い自分からすると「かぎかった?」っていう言葉が怖すぎる

sebone2018年dreamwever高校生プロジェクト

強風が吹くとより映える

 

兼藤忍「源 in plat」

「割れるといけないから焼き物作品は触っちゃいけない」という美術展示の概念をひっくり返す「叩いて音を楽しめる焼き物」

形や大きさだけじゃなく素材そのものも違ったりするそうで、いろいろな質の音が鳴っていた

兼藤忍展示2018年sebone

 

お店をつくろう!

小学生たちがそれぞれに作った店を並べて大きな商店街を形成

sebone2018のお店をつくろう企画

高台からみた景色

 

開発ビルエリア

今回から矢印システムが導入されて、開催場所が格段に分かりやすくなった

 

園子温監督「クソ野郎と美しき世界」映画ロケ地×トークショー

開発ビルの2階部分の一室がエキセントリックな世界に

園子温監督「クソ野郎と美しき世界」映画ロケ地×トークショーsebone2018年

映画の世界の中に入れる

 

 会場内パフォーマンス

ライチと石ころ

「悪魔のミサ」の参加勧誘をする悪魔の三貴族

sebone2018話題作ライチと石ころ

 これが悪魔のミサ会場

お菓子を渡して懐柔したり

2018年seboneでの悪魔のミサパフォーマンス

音楽と寸劇の組み合わせたようなパフォーマンス。悪魔らしく豊橋市民をイジったりしつつ、勝手に自滅したり

こちらは造形アーティストとしての「ライチと石ころ」の展示スペース。正面の邪神像が目立つ

すごいクオリティーの造形作品も。やけに美化されてる気がするけど、こっちが真の姿なのかもしれない

 

まとめ

今年の目玉は点描アート展示のドット絵だったかな。だれでも参加しやすい仕組みの割には、完成した絵がしっかりアートしてた

あと遭遇できる機会は少なかったけど強いインパクトで爪痕残したのは悪魔のミサだったと思う。当日なにやるか全然分からなすぎて良い意味でも悪い意味でもスタッフたちの注目度が高かったし、終わった後の反響も大きかった

空き店舗や近隣の工事の関係で本部の位置さえも変わるこのイベント。毎回展示スペースやパフォーマンス場も変わる運営の臨機応変さも見どころ!

 

 

【昨年2017年のsebone記事】