写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

謎のサークルと暗号文字列『設楽原決戦場まつり(前編)』

愛知県新城市の設楽原歴史資料館で開催の『設楽原決戦場まつり』に行ってみた。この祭は武田勝頼軍と織田信長・徳川家康軍が戦った「長篠の戦い」をイメージしたもの。「戦国の鎮魂」「子ども武者行列」「火縄銃演武」が主な行事となっている

 

近隣の企業の敷地が公式の駐車場になっていた。その駐車場には馬運車も。がいるということは、大掛かりな何かが行われるはず。これは期待大!

f:id:amano_shintaro:20170715233643j:plain

 

駐車場まつり会場とは少し離れた場所にある。行きは下りだから楽ちん。帰りのことは考えたくない

f:id:amano_shintaro:20170715233644j:plain

 

 

会場に着くと「信玄塚」で戦没者慰霊の儀式が始まっていた

f:id:amano_shintaro:20170715233654j:plain

 

武士たちの慰霊をする武士たち

f:id:amano_shintaro:20170715233656j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170715233655j:plain

 

 

メインの行事以外にも出し物いろいろ。「ミニSL」は林の中にあって一周が長め

f:id:amano_shintaro:20170715233653j:plain

 木漏れ日の中を走って気持ちよさそう

f:id:amano_shintaro:20170715233657j:plain

 

 

「物産展コーナー」新城市との提携都市の出展が多数。戦国時代には敵国関係だった武田側の山梨県甲州市も和やかに出展していた

一文字隠されるだけで、答えが分からなくなる不思議なワード。右上の「お」がミスリードしてくるからさらに答えにたどり着けなくなる

f:id:amano_shintaro:20170715233713j:plain

 

自分にとってすごく苦手そうなジュースをすすめられた。好きになったとはいわないけど、ちゃんとおいしくは飲めた

f:id:amano_shintaro:20170715233651j:plain

 

 

「軽トラ市」キャンピングカーなんかの色んな用途に改造された軽トラがズラリと並び、その場で展示された車を購入することができるイベント、というわけではない

f:id:amano_shintaro:20170716010045j:plain

 

軽トラを直接乗り入れてそのまま商品を販売するコーナー

f:id:amano_shintaro:20170715234710j:plain

 

新城高校は農作物中心に販売。農業関連のコースのある高校なので、ここに並んでいるのは学生たちが作ったものなはず

f:id:amano_shintaro:20170715233734j:plain

 

愛知県の祭では、どこにでも名物として出店される五平餅。ここのモノはわらじ型ではなく軍配型という特徴がある

f:id:amano_shintaro:20170715233645j:plain

 

 新城市はジビエの肉を食べることが多いと聞いたことがある。ししミンチカツは脂の具合がちょっと苦手な感じだった。からあげはおいしかった

f:id:amano_shintaro:20170715233646j:plain

 

あったら食べちゃう「美河フランク」 ゴロゴロした肉の中にスープそのものが入っているような感じ。今回食べた一本はいままでで一番濃厚さを感じた。焼き具合によるのかな

f:id:amano_shintaro:20170715234709j:plain

 

 

「設楽原歴史資料館」にも入ってみた。前の芝には、この後何かに使いそうな謎のサークルが描かれていた

f:id:amano_shintaro:20170715233652j:plain

 

岩瀬忠震像

f:id:amano_shintaro:20170715233712j:plain

 

入ってすぐに大きな火縄銃が展示してあった。2mちょっとありそう

f:id:amano_shintaro:20170715233659j:plain

 

こんなに大きいのに引き金は普通の大きさでかわいい。マンボウのムナビレみたいにアンバランス

f:id:amano_shintaro:20170715233700j:plain

 

火縄銃の展示数がすごい

f:id:amano_shintaro:20170715233704j:plain

 

当時の弾丸は丸い形だったらしい。今でいうパチンコ玉を銃で飛ばすと考えると、射程距離はかなり短かそう

f:id:amano_shintaro:20170715233703j:plain

 

織田信長がかぶっていたという帽子

f:id:amano_shintaro:20170715233702j:plain

 

「信玄原の火おんどり」の様子を再現した等身大の人形。お盆に行われる儀式で、この松明の先にをつけて踊る

f:id:amano_shintaro:20170715233705j:plain

 

資料館の屋上は、直射日光と照り返しで眩しさがすごい

f:id:amano_shintaro:20170715233706j:plain

 

信玄塚の方を見たらまだ慰霊の儀式が。あれから1時間経ってても終わる気配がなかった

f:id:amano_shintaro:20170715233707j:plain

 

「よさこい踊り」の演武。「歌舞人」という地元のチームみたい。この演武では、さっき気になった芝に描かれたサークルは使っていなかった

f:id:amano_shintaro:20170715233708j:plain

 

 東郷東小学校の1、2年生による「真っ赤な夕日」という演目。盆踊りみたいなシブい音楽に合わせて子供たちが踊っていた。手に持っているのはさっき資料館で見た「火おんどり」の松明をイメージしたものだと思う

謎だったサークルがちゃんと使われてて安心した。まだ小さい子どもだから、踊ってるうちに間隔が広がっているところと詰まってるところが出来てしまっていた。それは良いんだけど、そのまま踊り続けていっこうに修正しようとしないのは、見ていてヒヤヒヤした

f:id:amano_shintaro:20170718224909j:plain

 

 

【後編の記事】yummyart.shintaro-amano.com