写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

世界を巡り、いざラストダンジョンへ『リトルワールド』

愛知県犬山市にあるテーマパーク『リトルワールド』に行ってきた!

ここは世界中から本当に使っていた建物を集めてきて、そのまま移築をしてきた屋外型のテーマパーク

園内は一周2.5㎞で所要時間は2時間が目安とチラシにあったけど、これはウソ。一通り見ると5時間はかかる広大さ

 

 

エントランス横の壁。ファミコンゲームの「ボコスカウォーズ」を彷彿とさせる人の絵がお出迎え

「Little World」のフォントもよく見ると人間

f:id:amano_shintaro:20170530210211j:plain

 

入ってすぐにあるのが、園内で最も大きな建物の『本館プラザ』

本館展示室が最高に面白いのは分かっていつつ、最初に行くとそこだけで3時間使っちゃうからまずは外の展示を回ることにする

f:id:amano_shintaro:20170530210212j:plain

 

大きな階段を強引にバリアフリー化しているから、スペインのパスサッカーばりの”小さなつなぎ”を繰り返して上っていく

エスカレーターで上がるのはシンプル

f:id:amano_shintaro:20170530210213j:plain

 

 

『屋外ホール』で期間イベント『ウズベキスタン国立サーカス』の公演を見学

7演目くらいを40分やってくれて見ごたえ十分。もうここで40分使っちゃってるから、2時間を目安に回るのなんて絶対無理なのが分かる

f:id:amano_shintaro:20170530210215j:plain

 

準備に時間がかかる演目の幕間ではピエロが客席に乱入

棒に付いた風船を子どもにあげていくピエロ。元気そうな子どもにはイタズラ的なからみをしてくれる

f:id:amano_shintaro:20170530210216j:plain

 

 

f:id:amano_shintaro:20170530210214j:plain

 

 

 

『タイの家』浸水対策で床がめちゃくちゃ高い

f:id:amano_shintaro:20170530210230j:plain

 

タイといえばゾウ。この距離が動物園でよく見慣れている距離、一番リアルな距離

f:id:amano_shintaro:20170530210225j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210223j:plain

 

 

『屋台風の車』料理ができるように改装されている。ウマかっこいい!

f:id:amano_shintaro:20170530210222j:plain

 

 

 

『トルコ・イスタンブールの街』柱をつなぐアーチのスライムっぽいフォルムがイイ!

f:id:amano_shintaro:20170530210227j:plain

 

イスタンブールの家には女の間男の間があって、ここはそれらの真ん中の間。すんごい居心地がよさそう、こういうカフェに行きたい

f:id:amano_shintaro:20170530210228j:plain

 

トルコの学生。展示っぽくなく普通に座ってるから、妙な不気味さがある

f:id:amano_shintaro:20170530210226j:plain

 

 

 

『インドの家』すごく大きな井戸がインドでのの貴重さを物語っている

f:id:amano_shintaro:20170530210238j:plain

 

家の中には宗教的な意味合いの場所が多い。例えば玄関入った広い場所に死者を火葬する場所がある。インド人的には当たり前の事なのかもしれないけど、日本人にはなじみのない風習

もしインド人に家に招かれたときは、ちゃんとこれあるか聞いとかないと玄関のドア開けた瞬間のテンションの持っていき方に困りそう

f:id:amano_shintaro:20170530210234j:plain

 

入口出口がある

f:id:amano_shintaro:20170530210233j:plain

 

このボコボコさから見るに、日本人にはかなり難しいらしい

f:id:amano_shintaro:20170530210232j:plain

 

朽ちてて分かりにくいけど、インドの「警笛鳴らすな」の看板。鳴らせじゃなくて鳴らすなってすごいなあ

f:id:amano_shintaro:20170530210239j:plain

 

この日は『世界の肉フェスタ』の期間でもあったので各国の飲食店で特徴のある肉料理メニューが並んでいた

インドはひよこ豆の粉を使った衣のからあげ。噛むと断面は黄色くてかなり強いカレー風味。とてもおいしい!

f:id:amano_shintaro:20170530210236j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210240j:plain

 

 

 

『ネパール仏教寺院』あの旗にはお経が書いてあって、一回はためくごとにお経を読んだことになるらしい

f:id:amano_shintaro:20170530210237j:plain

 

窓に映るくも

f:id:amano_shintaro:20170530210242j:plain

 

値段が好き

f:id:amano_shintaro:20170530210245j:plain

 

色遣いが好き

f:id:amano_shintaro:20170530210243j:plain

 

これを手でカラカラ回せばお経を読んだことになるという便利設備。たなびくごとにお経を読んだことになる旗の件と合わせるとお経を読みすぎになる気がする

f:id:amano_shintaro:20170530210246j:plain

 

お経みたいな文字が書かれている

これも多分”全部の文字をひととおり読んだら、お経を一回読んだことになるシステム”なんだろうなあ

f:id:amano_shintaro:20170530210247j:plain

 

サイコロを三つふって出た数値の紙をとるおみくじ。こっちの方が自分の運命を自分で決めてる感じがして好き

f:id:amano_shintaro:20170530210249j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210248j:plain

 

 

 

ゴミ箱の裏に、この日のリトルワールドの中で最高に美しく咲いていた花を発見

f:id:amano_shintaro:20170530210231j:plain

 

 

 

 

f:id:amano_shintaro:20170530210253j:plain

 

『アフリカの家』

建物をまっすぐ揃える発想はせず、何となくいい感じの向きに配置。冒険心をくすぐられる家

f:id:amano_shintaro:20170530210250j:plain

 

こども服がかわいすぎる

f:id:amano_shintaro:20170530210251j:plain

 

アフリカのゲーム

よく読めば分かるかなってくらいの説明書があって、始めてしまえばすぐに遊べるようになるルール。必要な道具もくぼみだけだから、どこでも簡単にできる

f:id:amano_shintaro:20170530210252j:plain

 

から揚げレポート「ダチョウ肉のから揚げ」

竜田揚げに近い感じの衣、あぶらがかなりしみている。少しレバーっぽい肉種なので、から揚げの強引な味付けは合っている感じ

 

 

 

『ンデベレ族の家』

アフリカの人みんなが壁にかっこいい模様を描いているわけじゃなく、ごくごく限られた地域に住むンデベレ族だけがこれをやる。っていっても、多分ちょっとと大きな親戚集まりくらいの規模だと思う

最初に天才的なデザインセンス持った人が戯れに塗ったのを、家族が面白がってマネしていったのがいつの間にか風習になったという流れっぽい

村の変わり者も、それを極めれば海を渡って評価されるんだなあ

f:id:amano_shintaro:20170530210254j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210257j:plain

 

寝室はさすがに単色。しかしめちゃくちゃ気になる人形が

f:id:amano_shintaro:20170530210256j:plain

 

この厚みがちょうどかわいい感じで、とても好き

f:id:amano_shintaro:20170530210258j:plain

 

 

 

『タンザニアの家』は修繕工事中

現代日本の足場をガッチリ組んで作業していた。これは現地のやり方じゃなくていいのだろうか?

f:id:amano_shintaro:20170530210300j:plain

 

 

 

『テント村』

世界のいろいろなテントが集まっている。攻殻機動隊に出てきたロボットのようなかっこいい形のテントも展示

f:id:amano_shintaro:20170530210302j:plain

 

いい具合の出来の動物たち

f:id:amano_shintaro:20170530210303j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210304j:plain

 

ドラクエの砂漠のバザーのイメージ

f:id:amano_shintaro:20170530210305j:plain

 

 

 

外には実物の動物も。「うごき」の強調の仕方が意味ありげ

f:id:amano_shintaro:20170530210306j:plain

 

ここまではっきり危険と言われる家畜は珍しい

f:id:amano_shintaro:20170530210307j:plain

 

 

 

『イタリア・アルベロベッロの家』

ついつい口に出したくなる名前

f:id:amano_shintaro:20170530210308j:plain

 

『ハトの小屋』と書いてあり「食用のハトを飼う」と説明書きがある。それってつまりこれ自体が『ハトの罠』ってことじゃあないんだろうか

f:id:amano_shintaro:20170530210309j:plain

 

世界の肉フェスタのメニュー『サルティンボッカ』

ラム肉を生ハムで巻いてから焼いたというローマの料理。まずラム肉があんまり新鮮じゃないのかマトン肉レベルでソファー臭かった。で、生ハムで巻いてそれを焼いたんだったら、完成品は何ハムなんだという疑問が頭をぐるぐるした

f:id:amano_shintaro:20170530210311j:plain

 

『牡蠣のコロッケ』

牛乳成分なしなのにトロトロしてて、牡蠣の味がめちゃめちゃ強い。ご飯欲しくなるくらい濃厚でコロッケとしては小粒なのに満足度が高い。こっちはおすすめ

f:id:amano_shintaro:20170530210312j:plain

 


 

『フランスの家』

シャツ干してるだけでフランスの雰囲気出てる

f:id:amano_shintaro:20170530210316j:plain

 

右側の緑の物体が暖炉で、この隙間は老人や子どもが暖をとる専用の場所らしい。隅っこが好きなんだなあ

f:id:amano_shintaro:20170530210317j:plain

 

 

 

『ドイツの家』

f:id:amano_shintaro:20170530210318j:plain

 

人形を作っている人形

f:id:amano_shintaro:20170530210319j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210320j:plain

 

祭のビール樽を山ほど積んだ馬車の展示。たぶん馬4頭くらいでひくタイプ

f:id:amano_shintaro:20170530210322j:plain

 

 各国の家では、それぞれその国の衣装を着て写真撮影が出来る(有料)。ほんのひとときその世界の住人になれる

f:id:amano_shintaro:20170530210325j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210321j:plain

 

 

 

 

 

『インドネシア・バリ島貴族の家』

中に入らなくてもを見ただけで圧倒されてしまう

f:id:amano_shintaro:20170530210336j:plain

 

両方とも神様の像。ここは祭壇的な建物がいくつもある

f:id:amano_shintaro:20170530210333j:plain

 

右側の神様が知り合いに似てる気がした。あいつ神様なのかな

f:id:amano_shintaro:20170530210334j:plain

 

眉がイイ

f:id:amano_shintaro:20170530210332j:plain

 

 

 

『インドネシアの普通の金持ちの家』

船みたいでかっこいい

f:id:amano_shintaro:20170530210329j:plain

 

 

 

『ミクロネシアの寄合所』

2時間2000円くらいでレンタル会議室してほしい。いいアイディアがじゃんじゃん生まれそう

f:id:amano_shintaro:20170530210327j:plain

 

 

 

世界の肉フェスタのメニュー『サテ・カンビン』 ピーナッツソースがかかったヤギ肉の串焼き。ヤギ肉は想像通り。ピーナッツソースの方は日本でよくあるものと違って大粒な食感が残ってて不思議な感覚

f:id:amano_shintaro:20170530210330j:plain

 

 

『ペルーの大農園領主の家』

とにかく広い家。この写真に写っているのは最初の庭。この建物の奥にまた広い中庭がある。何でアロワナがいるのかは無説明。前回のイベントの名残かな

f:id:amano_shintaro:20170530210338j:plain

 

ウマ関係は撮る派。色が良い

f:id:amano_shintaro:20170530210342j:plain

 

同じジオラマ内で、アルパカのクオリティーが違うのは問題あるのでは

f:id:amano_shintaro:20170530210340j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210341j:plain

 

お土産屋にいた看板アルパカ

写真撮ってるときは全然気づかなかったけど写真の左にトイレっぽいのが写ってるような

f:id:amano_shintaro:20170530210337j:plain

 

『大脱走劇』

f:id:amano_shintaro:20170530210339j:plain

 

 

 

北アメリカのインディアンの家ゾーン

昔は弓矢体験なんかもできたんだけど、2017年の段階ではやや荒れ気味でやってない風だった(↓この写真だけ2009年)

 

 

 

『アラスカの家』

この家がリトルワールドで一番好き。別荘として最高だと思う、長く住みたくはないけど

f:id:amano_shintaro:20170530210345j:plain

 

この一部屋が家のすべて。アラスカは寒いので真ん中で火を焚いて、家全体を温める仕組みみたい。奥にあるステージみたいなところは、本当にステージで合ってる

f:id:amano_shintaro:20170530210348j:plain

 

広い空間の中で、段差によって役割が決まってるのが面白い。一番下の段差ではわいわい話したりして、眠くなったら上の段に行って寝るみたいな、修学旅行向きのつくりだと思う

f:id:amano_shintaro:20170530210347j:plain

 

 

 

『アイヌの家』の前でヒグマが出迎え

ツメと牙が怖い。中ボスとしての貫禄がある

f:id:amano_shintaro:20170530210350j:plain

 

室内はこんな感じ。厚い藁で出来た家で、アラスカの家と比べると寒そう。

f:id:amano_shintaro:20170530210351j:plain

 

 

これでだいたい屋外展示を一周したことになる。この時点で所要時間5時間。見るべき建物は一周する道の間に散らばってるから、園内バスを使ってしまうと見学漏れが起こる。体力見学欲とのバランスが難しいテーマパークだと思う

 

 

 

『本館展示室』

だいぶ最初の方で撮った”リトルワールドに入ってすぐの写真”の左側にあった本館プラザ。ここでは大規模な民族道具の展示が見られる。今回は特別展でアイヌ関係のモノが特集されていた

f:id:amano_shintaro:20170530210415j:plain

 

この模様には惹かれる

f:id:amano_shintaro:20170530210352j:plain

 

多分筋骨隆々な男性が付けたらカッコいいと思われる。細いマネキンだと真剣さが伝わらない

f:id:amano_shintaro:20170530210353j:plain

 

 

 

古代の暮らしをミニチュアで再現したコーナーも

f:id:amano_shintaro:20170530210355j:plain

 

リアルすぎて子どもが泣くほどの完成度

f:id:amano_shintaro:20170530210356j:plain

 

f:id:amano_shintaro:20170530210357j:plain

 

さえあれば何でもできる気がしてくる

f:id:amano_shintaro:20170530210358j:plain

 

いろいろなビデオレポートがある

その中の「殺人の呪術」というのが物騒で興味を惹かれた。見てみると、第一段階が「まず森の中で相手を襲って気絶させる」で驚いた

 

f:id:amano_shintaro:20170530210400j:plain

 

これもちゃんとした人がかぶったら、ちゃんとした風になるはず

f:id:amano_shintaro:20170530210402j:plain

 

「クマのヘルメット」というあんまり説明になってない説明書き

f:id:amano_shintaro:20170530210404j:plain

 

こわい系の展示についつい目がいってしまう。真ん中のはドラクエ4に出てきた気がする

f:id:amano_shintaro:20170530210405j:plain

 

病人とかそういう役の仮面がズラリと並ぶ展示エリアは、これを作ったり、被って演じたりしたヒトの心のもやもやが垣間見えて、切り口の違う怖さがある

f:id:amano_shintaro:20170530210410j:plain

 

子どもじゃなくても泣く

f:id:amano_shintaro:20170530210413j:plain

 

ラスボス的な場所にラスボス感のあるモノがいた。この展示のフィナーレも近いのか

f:id:amano_shintaro:20170530210412j:plain

 

さて、エンディングな雰囲気

f:id:amano_shintaro:20170530210414j:plain

 

 

 

 【民俗行事つながりの記事】【ヨーロッパつながりの記事】

【犬山市付近の奇祭の記事】

【8年前のリトルワールドの記事】