写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

写真家あまのしんたろう公式サイト。東海地方&愛知県を中心に、地域ブログ記事や、お祭り地域イベント、B級グルメの感想レビューなどをアップ。フォトグラファー活動として写真展やyoutube作品も展開

ヤミーアートミュージャム

競馬場に食べに行く『中京競馬場グルメ2018』(追記しまくり)

主戦場としている中京競馬場のグルメ情報(B級気味)を本気で紹介!

 

 

 

「馬勝」(フードコート1階)

中京競馬場のお店の中で一番工夫したメニューをだしている印象

f:id:amano_shintaro:20170314152657j:plain

 

↓これの名前は「win5」馬券のwin5にかけてウインナーが5つというダジャレ

しっかりした皮に包まれていて肉汁たっぷりなので最初の一個目は半分ずつかじるのが安全策

そして熱さに慣れたらこの「win5」の真価をともいえる「一口丸ごと食べ」をしてみるべき。口の中で肉汁が躍る!

f:id:amano_shintaro:20170314152706j:plain

 

こちらも馬勝の「お母さんのつくった豚汁」

肉いっぱいの野菜いっぱいでそれぞれの具の柔らかさが絶妙

f:id:amano_shintaro:20170314152658j:plain

 

馬勝のカクテルの中でも特に目立つサイレンススズカシリーズ

f:id:amano_shintaro:20170314154000j:plain

 

こちらが「スズカボール」

見た目がすごい。味は完全に普通のビール

f:id:amano_shintaro:20170314152659j:plain

 

こっちが「リッキースズカ」

バナナの甘ったるさをライムとレモンでスッキリテイストに丸め込んでいてめちゃめちゃおいしい!

スタートから飛ばしまくるサイレンススズカを、機嫌損ねないように抑えようと頑張っていたら、いつのまにか1着でゴールしてた感じのお酒

f:id:amano_shintaro:20170314154017j:plain

 

「幻の焼酎」

「馬勝」の多彩なメニュー表の中では目立ちにくいところにある

f:id:amano_shintaro:20170326140411j:plain

 

お店の人オススメの飲み方はロック。スッキリした癖の少ない味で、最短距離で酔える

f:id:amano_shintaro:20170326140412j:plain

 

 

 

「ドン太閤」(フードコート1階)

f:id:amano_shintaro:20170326140407j:plain

 

からあげの量が3段階選べて、最大級のマウンテンは一人で食べるのは無理そうな雰囲気

ころもカリカリ系、なかジュワー系で大満足な味

f:id:amano_shintaro:20170314152653j:plain

 

「カレー丼(超得)」

 赤い字で(超得)という自信たっぷりの文字のある商品

ルーに対してご飯がすごく多く、290円でこれは競馬場ではトップクラスの費用対カロリーなはず

自分の後ろにいた人はカレー丼のご飯大盛りという”最強メニュー”を頼んでいた

午前中に負けが込んでるときでも安心して頼める我々の味方的存在

f:id:amano_shintaro:20170326140410j:plain

 

 

 

「大島屋」(フードコート1階)

f:id:amano_shintaro:20170314152654j:plain

 

「とんちゃん串(手前)牛すじ串(奥)」

甘めの味噌に煮込まれてプルプル状態で、味も食感もおいしい。七味をかけるとさらに世界が広がる

f:id:amano_shintaro:20170314152656j:plain

 

「どて煮」

どて煮っていうとこの辺では”豚モツ”を使うところを、ここは”豚バラ肉”を使っていた

甘い味噌に豚肉の組み合わせはやや緊張感に欠ける味だとは思う。しかしこの料理は「焼酎」と組み合わせることで”無敵”のコンビになる!

f:id:amano_shintaro:20170327180313j:plain

 

今回は食べなかった気になる大島屋メニュー「ゆで卵」

f:id:amano_shintaro:20170314152655j:plain

 

 

 

「辰巳屋」(フードコート1階)

ラーメンといえばここ。メニュー見ただけで味思い出せるくらい好き

最近「※商品写真はイメージです」っていう写真がくたびれてぼんやりしてきている。そのせいで脳に直接語り掛けて来るタイプのイメージ画になってる気がする

f:id:amano_shintaro:20170314152703j:plain

 

このオブジェが面を上げたり下げたりしてて、子どもの興味を引きまくる

f:id:amano_shintaro:20170327180312j:plain

 

「うま辛ネギラーメン」

最初の盛り付けではネギが重なっていてボリューム感はない。しかしネギをほぐすとスープ面に広げがっていき、あり余るくらいの量だったことに気づく

ベースのしょうゆ味を書き換えるほどの”ネギ風味”でとてもおいしい、おすすめラーメン!

f:id:amano_shintaro:20170327180311j:plain

 

 

 

「モナモナ」(スタンド2階)

オシャレ系かつメニュー豊富なお店

f:id:amano_shintaro:20170314152701j:plain

 

前回食べておいしかった「カレー」を再注文

甘いルーはとてもおいしかったけど、今回はご飯の具合がイマイチに感じた。夕方の競馬終わり際に頼んだのが原因かもだから、ちゃんとしたお昼時間に頼んだ方がいいのかも

f:id:amano_shintaro:20170314152702j:plain

 

 

 

「中競スタンド」(フードコート2階)

定番の「味噌煮込み」店によって「土手煮」って名前だったりするけど、具体的な分類が曖昧な食べ物

ここの「味噌煮込み」は他のものより甘い感じで独特

f:id:amano_shintaro:20170314152650j:plain

 

 

 

「すみれ」(スタンド2階)

スタンドの真ん中の方の説明しづらい場所にある

f:id:amano_shintaro:20170314152709j:plain

 

「豚汁」

1カップ200円という”ちょい食べ”に最適なサイズ

味はすごく濃くて豚肉の味がこれ以上ないってくらいに汁に出ているのに、豚肉自体はあんまり入ってないという不思議な豚汁

f:id:amano_shintaro:20170314152708j:plain

 

「ミニロールサンド」

「すみれ」の看板メニューと言える商品で、午前中のちょっと何か食べたいときに最適

ハム、玉子、コロッケの3種類があって今回はハムをチョイス

中に入っているマヨネーズが主役級においしく主張してくる。むしろマヨネーズパンに合わせるのにちょうどいいのがハムだったから、このメニューになった気さえする”マヨネーズのメイン感”

f:id:amano_shintaro:20170326140349j:plain

 

 

 

「トップ」(スタンド3階)

おにぎりとかおでんとか、家庭っぽさがあるメニューもあるお店

ここは条件戦しか行われない日でも数人並んだりするのに、G1の日でも数人しか並んでいないことがあるという”玄人”に愛される店

f:id:amano_shintaro:20170326140351j:plain

 

「ラッキーハイボール」

コップたっぷり注いでくれて「ココアピー」のおまけ付き

飲みやすいからといってうっかりゴクゴク行くと「馬見てるだけで楽しくなっちゃうモード」に入って馬券がおろそかになる

f:id:amano_shintaro:20170326140352j:plain

 

 

 

「湯茶コーナー(無料)」

昔に比べて紙コップがかわいくなっていた

中京競馬場には何か所もコーナーがあって「ボタン押すとコップが出て来てそのままお茶が入るタイプ」と「別の機械でコップを出してからお茶を出す機械にセットしてボタン押すタイプ」がある

間違えると、お茶が落下する様子をただ悲しく眺めることになる

f:id:amano_shintaro:20170314152700j:plain

 

まとめ

初めて中京競馬場に行く人にオススメの店&メニューは

 

○『馬勝』のウインナー料理「win5」アルコール飲料「リッキースズカ」

○『辰巳屋』のトッピングラーメン「旨辛ネギラーメン」

○『中競スタンド』のモツの赤味噌煮込み「味噌煮込み」

 

これで一日戦えるはず!

 

 

 

【公園ギャンブルグルメつながりの記事】

【↓当ブログと同時運営してる『逃げ馬応援ブログ』】