写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

レゴランド前の誘惑『メイカーズピア』

あおなみ線金城駅からレゴランドに行くまでの道の途中にあるショッピングエリア「Maker's Pier|メイカーズピア」を散策

 

高架の道を通っていくと真っすぐエリアの入口まで行ける

f:id:amano_shintaro:20170501173534j:plain

 

おしゃれすぎるエリアマップ

f:id:amano_shintaro:20170501173519j:plain

 

ちゃんとわかりやすいマップもある

f:id:amano_shintaro:20170501173520j:plain

 

道の幅が歩き回るのにちょうどいい

f:id:amano_shintaro:20170501173533j:plain

 

 

一時間に一回、音楽に合わせて噴水ショーが行われる。この時は「妖怪体操」に合わせて子供たちとジバニャンが一緒に踊っていた

f:id:amano_shintaro:20170501173524j:plain

 

噴水も音楽に合わせて踊る

f:id:amano_shintaro:20170501173526j:plain

 

踊りを終えるとジバニャン妖怪ウォッチショップ「ヨロズマート」の方へ消えていった。たくさんの子どもたちとともに

f:id:amano_shintaro:20170501173514j:plain

 

 

妖怪つながりでお化け屋敷「台場怪奇学校-名古屋校-」 看板に「アジア最恐」とあるってことは、誰もが認める世界ナンバーワンがどこかの国にあるんだろうなあ

f:id:amano_shintaro:20170501173515j:plain

 

このお化け屋敷には、自分で歩いていくリアル体験型以外にバーチャルなやつもある。場合によってはこっちのが恐い気がする

f:id:amano_shintaro:20170501173516j:plain

 

「シルバニアファミリー」のブースの前ではたまにキャラクターが出てきて撮影ができるみたい。シルバニアファミリーヒトと同じ大きさになると「リアルさの圧」をちょっとだけ感じるようになる

f:id:amano_shintaro:20170501173527j:plain

 

リアルつながりで、食品サンプルグッズを売ってる「さんぷる工房」 サンプルとしてはどれ作るのも労力似たようなもののはずなのに、中トロは700円で納得だけど玉子は100円で売ってほしいという気持ちになってしまう

f:id:amano_shintaro:20170501173518j:plain

 

こちらは、まるで肉の塊がそこにあるかのような本物の肉

f:id:amano_shintaro:20170501173522j:plain

 

からあげ屋とか、パン屋とか、ソーセージとか、食べ歩けるモノも充実

f:id:amano_shintaro:20170501173529j:plain

 

「らんまん食堂」からあげ、しょうゆ味3個しお味3個のセット。衣サクサク、中はやわらかで文句なくおいしい。2つの味の見た目が近くて、どっちがどっちか迷子になるのは注意

f:id:amano_shintaro:20170501173523j:plain

 

 

ルーズな感じのカーブの角度カラフルな破線が、歩きまわる楽しさを演出している

f:id:amano_shintaro:20170501173517j:plain

 

賑やかなエリアを歩いて疲れたらフォレストガーデンでのんびり

f:id:amano_shintaro:20170501173530j:plain

 

この日は「ふわふわ遊具広場」というイベントをやっていた。子どもを見守るための親用の椅子が用意されていて至れり尽くせり。ここで子どものエネルギーを少しでも削っとけば、親たちが後半戦で優位に立てる可能性も出てくる(だいたい負けると思うけど)

f:id:amano_shintaro:20170501173531j:plain

 

メイカーズピアの出入り口となる場所に強力な子どもホイホイが。親は帰りたくても子どもは誘惑につられて何度も降りて行ってしまうという、長いループが起こる場所

f:id:amano_shintaro:20170501173521j:plain

 

 

肝心の「レゴランド」の入口だけ紹介はこちら↓

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」