写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

台風の日に『名古屋港水族館』と『名古屋港エリア』

名古屋の朝。まずはコメダのモーニングでスタート

 

行く予定だった名古屋市科学館がまさかの臨時休業。目的地をBプラン名古屋港水族館に切り替える

 

 

名古屋港エリアに到着。こちらはこちらで、台風が近づいており警戒態勢

 

近くのフードコート施設名古屋風たこやきは、すごく柔らかいお好み焼きみたいで食べ応えがある。これぞソースが決め手な料理

 

 

名古屋港水族館に入場。ここはひとつひとつのプールが大きい。飼育されてるイルカ人間がのびのび泳げる環境

 

 

ツッパリ魂

 

イルカショーは演技の完成度が高くて安定感がある。水面水中で2種類映像を撮っていて、それを巨大なスクリーンで映す。BGMに初音ミクの曲がかかったりと、未来を感じるショー

 

 

生きた動物の展示もいいけど、静の展示もおもしろくて、素人目でも分かる不思議な特徴をした魚の標本が多数

 

液体に入っているのではなく樹脂で固定されていて、透明度が高くて見やすい

 

ここの目玉イベント「いわしトルネード」

餌の入った袋を閉じた状態で一気にに沈めてから、にあげる時にばらまいていく。すると、この状態が……

……こうなる!

 


 

 

水族館の他にもこのエリアには観光地が点在。南極観測船「しらせ」は、みうらじゅんと安齋肇の番組「勝手に観光協会」でも取り上げられていたB級スポット

 

本物の観測船にリアルな船員の人形が展示。机の上の人形が何なのか気になる

 

船内煙草を吸ったりしたら、問答無用で叩っ切られる

 

タロージローの像。シンタローとしては、名前的に親近感がわいてしまう

 

 

こちらは名古屋港の展望台。中央の通路に対して、柱が左に2つ右に3つと対称的でないのがこの建物のミソ

 

展望台の上からイルカショーを見る事が出来る。有料双眼鏡もあるので、レアな角度からショーを楽しめるかもしれない

 

船が間隔を空けながら海の上でとまっている。もうすぐ来るに備えているんだろう