写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のすすめ

1991年から放送の『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』TV版の全37話を鑑賞してみた

  

簡単なあらすじ

14歳の主人公ハヤトが、父の遺した「アスラーダ」という車でレースをし、世界タイトルを目指す話。アスラーダは、機械でありながら人のように話し、さらに学習することができる

作品前半”チキチキレース”的な車と車のつぶし合い競争の様相を見せつつ、途中でけが人を運ぶために嵐の海の上を走ったり、マシンのシステムを軍事関係の組織に狙われてヘリで追い回されたりと、かなりの茶番的な内容になっている

しかし作品後半は本格的にレースをし始め、数多くいるライバルドライバーがそれぞれの魅力を存分に発揮し始める

そして最終戦、今までのカッコ良かった回やダメな回、くだらなかった回、絵が下手な回、この話いらないんじゃないかって回まで含めて、このシーズンに起こった全ての事が、この時の為にあったような傑出した作りになっている

 

例えば「運動会でミスした思い出」や「嫌いな先生がいた事」なんかも、今となっては「学生時代の思い出」として活かされるように、このサイバーフォーミュラに関してはどんなにダメな回でも見た方が良い

 

ポイントとして挙げられるオススメ回としては、 

16話のアスラーダが歌を歌ってからのハヤトとアスラーダの会話

24話のアスラーダ移し替えのパスワードの話

30話のブリード加賀の「追いついちまったじゃねーか!!」

32話の新条の執念

36話の最終戦スタートのアナウンサーの口上とか全部

37話のエンディング

 

 

カッコ良くて涙出る作品はそうそうないと思う、とてもオススメの作品

 

 

 

 

【サーキットつながりの記事】