写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

凧揚げに適しすぎた日の『第21回 こうた凧揚げまつり (2018)』

2018年1月14日に愛知県幸田町で開催された『こうた凧揚げまつり』に行ってみた

このまつりは、各団体ごとに揚げる”巨大な凧”を目玉にしつつ、各自で持ってきた小型、中型の凧をその場で揚げられるイベント

また、それぞれの部門にエントリーすると、飛び方かデザイン(多分)で評価され、イベントの最後に賞がもらえたりする

 

 

かなり遠くからでも上空に凧が浮かんでいるのが見える

地図上は何も書いてない場所だったのに、凧揚げ会場にたどり着くのは難しくなかった

f:id:amano_shintaro:20180131135853j:plain

 

だいたいこの写真に納まってる範囲が会場の全貌。本当に田んぼの中での開催

f:id:amano_shintaro:20180131135935j:plain

 

揚がっている凧はそれぞれに絵柄がさまざま

これの一つ一つが大きいんだろうけど、空に浮いてるとサイズ感がつかみにくかった

f:id:amano_shintaro:20180131140008j:plain

f:id:amano_shintaro:20180131135951j:plain

 

これは中型サイズの凧の影。サイズによって大型、中型、小型とあって、凧を上げられる場所が分けられている

f:id:amano_shintaro:20180131135928j:plain

 

たまに凧が落ちてくるので、大型の凧エリア付近は特に注意が必要!

f:id:amano_shintaro:20180131135858j:plain

 

 

各団体ごとに区画されたエリアの感じが”いくさ”っぽくてかっこいい

f:id:amano_shintaro:20180131140027j:plain

 

団体というのは、各地の町内の集まりだったり、近隣企業の集まりだったりする

自分のところの凧の説明がある団体も。この看板そのものが粋で好き

f:id:amano_shintaro:20180131135912j:plain

 

この日は快晴でほどよく風もあったので、ちゃんと揚がっていく凧が多かった

揚がる瞬間は人と比べられるから、その巨大さが分かりやすい

f:id:amano_shintaro:20180131140123j:plain

 

 

f:id:amano_shintaro:20180131140039j:plain

 

凧を降ろすときは、尾の部分のひもを引っ張って安定させるのがいいみたい(それぞれの凧のつくりによるかも)

f:id:amano_shintaro:20180131140045j:plain

 

地面に近づくほど風の流れが安定しなくなる。不意に横になったりして危険

f:id:amano_shintaro:20180131140051j:plain

 

高いところにある時の凧はふんわりキャッチできそうな見た目。でも実際の着地の瞬間はすごい衝撃

これを最初にキャッチしに行く役の人は、勇者なんだと思う

f:id:amano_shintaro:20180131140056j:plain

 

 

 会場の中心地には飲食やお土産ブース

後半になると売り切れ店が出てきていて、結局一店舗に長蛇の列ができていた

f:id:amano_shintaro:20180131135916j:plain

 

ここで買って、ここで揚げられる「インベーダー凧(300円)」

f:id:amano_shintaro:20180131135921j:plain

 

安く、軽く、揚がりやすいという気軽さで、手ぶらで来てもこれを買うだけで凧揚げ楽しめる

f:id:amano_shintaro:20180131135847j:plain

 

男の子が好きそうなロケーション

f:id:amano_shintaro:20180131140114j:plain

 

表彰式が始まってもお構いなく近くを飛び交うインベーダー凧たち

f:id:amano_shintaro:20180131140111j:plain

 

完全なる吹きさらしなので、寒さ対策もたててある

会場に数か所ある焚火の火力がこれでもかというMAX状態。寒さには熱さで対抗するというパワー型の発想

f:id:amano_shintaro:20180131140105j:plain

 

まとめ

今回は凧揚げの条件が素晴らしく良かったみたいで、一度上がった大型の凧はずっと空にいる状態だった

それはとてもいいことなんだけど”揚がるか揚がらないかの頑張り”がみられるのはイベントの最初の方だけなので、中盤以降の安定して揚がってる光景に慣れちゃうと見るものなくなってしまいがち

 

なかなかこんないい環境の凧揚げ場はないので、自分で凧を持ってきてここで揚げるのが、やっぱり一番いい楽しみ方かなと思う

 

f:id:amano_shintaro:20180131140015j:plain

 

 

 

 【凧つながりの記事】