写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

夜のまつりの昼の顔と夜の顔『西尾祇園祭』

愛知県西尾市の城下町で4百年以上やっているという『西尾祇園祭』に行ってみた

 

夕方以降に行われるメインの出し物に向けて、お昼から行事もりだくさん

というわけで結局一日中祭りやってる状態に

 

この祭の根本となる”みこしを渡す行事”
町の中をみこしが通り、ゴール地点は西尾城近くの神社。ここだけは出店でにぎわう街とは違って厳かな雰囲気

 

 

 西尾城近くの学校の体育館からブラスバンドの音が。このあと大通りで披露される曲の練習だとおもわれる

曲目は「名探偵コナンのテーマ」だった

 

刀と竹で闘う演舞を披露。最後に竹を豪快に切っていた

 

 

祭の本番となる夜に向けて町中では準備が進んでいた
ほんの少しでも”空き地”があればそこでなにか出し物をする体制。”空き地”が増えて街が小さくなると、逆に”祭の規模”は大きくなる仕組み

 

 

 

近くのデパート「ヴェルサウォーク」の一角にも、縁日コーナーが。デパート名が「名前を言ってはいけないあの人」みたいで好き

 

 



 

 

夜の部

 

道の真ん中では”大名行列””みこし担ぎ”が行われる
お客も同じ場所を通れるので距離が近いどころの騒ぎじゃない

 

 

大通りには出店がたくさん

 

かなり細い道も祭のルートになっていて、みこしが強引に突っ込んでいく

みこしの横幅さえ通ればあとはどうとでもなる

 

大通り以外の道の方が”ほどよい空き地”があって、個性的な出し物で賑わっていたりも

 

お化け屋敷は”鑑賞物として楽しむ”のならぎりぎり入れるけど”生きた人間が脅かすケース”は絶対に無理
ここは後者っぽいからめちゃめちゃ怖そう

 

ミニSLは大人気でお客さんが絶えない。
本当に火をたいて蒸気で走っているモノと、電気で動いているモノがあった

 

 

 

音楽教室の前で音楽ライブ。クオリティーを保ちつつ宣伝にもなるいいとこどりな連携

 

普段は常連以外なかなか入れなそうな店でも、祭なら入れる気がする。これをきっかけに何回かいくことで常連になれるのか

 

氷屋さんが出すかき氷に長蛇の列。本業とあって、そこらの出店より安くておいしくて、大人げないほどの無双っぷり

 

 

 

 

 

 【昼と夜つながりの記事】