写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

写真家あまのしんたろう公式サイト。東海地方&愛知県を中心に、地域ブログ記事や、お祭り地域イベント、B級グルメの感想レビューなどをアップ。フォトグラファー活動として写真展やyoutube作品も展開

ヤミーアートミュージャム

地域別まとめ-愛知-東三河

『トヨカワクエスト』のスナップ4(八幡~諏訪~稲荷歩き編)

スナップ作品 『靴選びはのどごし重視で』 『完全共学制』 『牛肉100%ハンバーグ』 『空の整備工場』 『GO GO GO GO』 『荒療治』 『一本桜』 『影牢獄』 『海牛象骨』 『それぞれの日常』

『トヨカワクエスト』のスナップ3(豊川北東地区歩き編)

スナップ作品 『まだそう遠くにはいってない』 『上昇速度』 『養殖芝』 『剥がれて飛んでゆく』 『ケモノの穴ぐら』 『ケーキ裁断機』 『地球のどこかで何かが起きるボタン』 『順番』 『巻き巻きスカート』 『ホームランバー』 『ランジェリー』 『飲まさ…

『トヨカワクエスト』のスナップ2(公園狙いでドライブ編)

スナップ作品 『雨乞い』 『ひとつになりたいひとつになれない』 『疎通』 『樹皮』 『天然絨毯』 『魔鉱石研究所』 『溢れるアスファルト』 『子ども漁』 『大気の重さ』 『箱から出たばかり』 『宝をあばく者には死を』 『西日専用対策』 『だ・る・ま・さ…

『トヨカワクエスト』のスナップ1(国府駅まわり歩き編)

スナップ作品 『今は7本家族』 『オトナの条件』 『プレートテクトニクス』 『夜空の遊び方』 『いつも見てるよ』 『神の名を借り伝えること』 『「運命の選択」はどれを選んでも正解』 『連帯飛行』 『石の共生地』 『生足』 『きのこ三元種』 『ゾウのキス…

ノドグロ料理とラーメンが同列で出てくる名店『松月』

知り合いからのオススメ情報で、愛知県蒲郡市にある食堂『松月』に行ってみた 店を正面から見るとこんな感じ。「松月」という文字がなんともいえない控えめな感じで好き 駐車場は写真左の一方通行の道を入ったところ 専用駐車場はお店の裏にあってちょっと迷…

武田軍VS織田徳川軍の合戦を”子ども”が再現『設楽原決戦場まつり』

愛知県新城市の設楽原歴史資料館で開催の『設楽原決戦場まつり』に行ってみた この祭は武田勝頼軍と織田信長・徳川家康軍が戦った「長篠の戦い」をイメージしたもので、「戦国の鎮魂」「子ども武者行列」「火縄銃演武」が主な行事となっている 大駐車場から…

永久世界チャンピオンの永久たる所以『第17回日本チェーンソーアート競技大会in東栄(2017)』

2017年5月27日と28日に愛知県北設楽郡東栄町で行われた『日本チェーンソーアート競技大会in東栄』の初日27日に行ってきた イベント会場に向かう途中の、まだかなり距離のある農産物販売店からすでに熱烈アピールが開始 イベント会場は幹線道路から少し入った…

4番ファースト・エビチリ選手『伊良湖ビューホテル』

愛知県の渥美半島の先にある『伊良湖ビューホテル』に行ってきた ここはリーズナブルながら”ビュッフェスタイルの食事”がすごいホテル 自分がおすすめしたい”ビュッフェの食べ方”は、まず全種類を一通りほんのちょっとずつ食べてみて選抜し”本番”となるお皿…

迷路じゃないのに抜け出せないアトラクション『渥美半島2017菜の花まつり』

3月31日まで愛知県の渥美半島先端付近の菜の花ガーデンで行われる『渥美半島2017菜の花まつり』に行ってみた 地元系の飲食ブースが多数出展 渥美半島といえば大あさり 全国的に有名になってほしい料理(自分が食べる分が確保できる程度に)。この丸焼きもいい…

『タハラクエスト』のおまけ写真

写真シリーズとして全体の内容の統一感の問題だったり、いいタイトルが思いつかなかったりなどの理由で写真展に使わなかった写真 写真作品「タハラクエスト」を、今後再編集することがあれば一軍入りするかも 【タハラクエストつながりの記事】

愛知三大B級スポット『竹島ファンタジー館』

愛知県蒲郡市にある伝説のB級スポット『竹島ファンタジー館』に行ってみた ここは2010年に一度は閉館したけど、2014年に復活を果たした奇跡の観光スポット 以前は貝殻を使ったオブジェを巡るものだった しかしリニューアル後は大幅にパワーアップ。新たにア…

サファリパーク半島『渥美半島行き当たりばったり』

愛知県の渥美半島を適当に車で走って、気になったところがあったら撮影する旅 海岸に出る道にあった小山 岩肌がアメリカンなチーズみたいで、かたいのかやわらかいのか分からない 主要道路沿いにあった畜産施設。車の窓からでも畜舎が間近に見えて、ちょっと…

試食天国『味のヤマスイ』

愛知県蒲郡の観光マップがまぽんに「地元の人もくることで、観光客にも評判」とあったので魚市場『ヤマスイ』に行ってみた 「地元の人の評判」をみて行く「観光客の評判」をみて行く「自分」 複雑な評判の構造に飲み込まれた気がした 大漁旗がズラリと並んで…

4分咲きも見ごろ、14分咲きも見ごろ『形原温泉・あじさい祭り』

6月中、愛知県蒲郡市の方原温泉エリアにあるあじさいの里で「あじさい祭り」が開催していたので行ってみた 一か月続く祭りの初日なので、あじさいは4分咲きとのこと あんまりあじさいを知らないからこれが残念なことなのかどうかよく分からなかった。「あじ…

自分の骨の説明をするヨシさん『吉胡(よしご)貝塚史跡公園』

愛知県田原市にある『吉胡(よしご)貝塚史跡公園』に行ってみた この史跡公園は、大正11年12年に300体の人骨が発掘された場所で園内には資料館もある。公園部分が周囲の景観に馴染むのはわかるけど、資料館も中小企業の事務所みたいな地味さで、自然面、都市…

パイプラインズ『風力と火力発電所』

愛知県の渥美半島の先端から北の海岸沿いをドライブしたときに見つけた「パイプライン」 「海岸|パイプライン|道」と平行に走っている場所では、海岸と道を行き来するための橋がいくつかある 橋からパイプを見るとその太さがよくわかる。”四人一組で大きな…

旅の起点、ヤシの終着点『やしの実博物館』

愛知県の渥美半島の先端、伊良子岬にあるフェリー乗り場『道の駅・クリスタルポルト』に行ってみた ここから、海路は船で伊勢の方に行けたり、陸路は自転車をレンタサイクルして渥美半島巡りができたりする 時代の流れに乗った感じの進撃のオブジェ フェリー…

いろんなタイプの岩が主張してくる『日出の石門』

愛知県田原市の景勝地『日出の石門(ひいのせきもん)』に行ってみた 荒波によって浸食されて、真ん中に穴が開いた岩。写真に写っているのは岸の石門で、50mくらい先の海に沖の石門というものがある。この石門二つがセットになったものが『日出の石門』 季節…

サイズ感、狂う『大テトラポット』

愛知県田原市にある道の駅「赤羽ロコステーション」の対岸に”テトラポット”が見えた 右の黒いものと左の白いもののサイズが違いすぎていたので、近くに行って確認してみることに 途中で草原をかき分けて進むタイプの船に遭遇 ゴミかもしれないしゴミじゃない…

ナスだって流れる血の色は同じ『サンテパルクたはら』

愛知県田原市の農業系・観光施設『サンテパルクたはら』に行ってみた ここは、大きな花壇や小動物の鑑賞、アスレチック、農業体験ができる施設 なんとなくここのメインなんじゃないかなーと思って期待していた花壇。広大なチューリップ畑のはずだった。確かに…

着ぐるみ化に期待『道の駅・めっくんはうす』

愛知県田原市にある渥美半島の玄関口的存在の道の駅田原『めっくんはうす』に行ってみた 手ぶらで来てもここで情報仕入れればすぐ渥美半島を楽しむ事ができるスポット この道の駅の名前にもなっているキャラ「めっくん」はハートから放射状に芽が飛び出た奇…

日本夜景100選の昼と夜『蔵王山展望台』

愛知県田原市の東側、渥美半島付け根部分にある『蔵王山』に行ってみた ここは日本夜景100選に選ばれているらしい。夜景がいいという事は昼景もいいはず 風力発電の風車を見上げつつ、太陽光発電のパネルを見下ろせるスポット 「幸せ」は昼限定 駐車場にある…

日本のマチュピチュシリーズ『四谷の千枚田』

愛知県新城市にある日本の棚田百選「四谷の千枚田」今回は、水も張ってなければ稲穂もない一番地味そうな時期に行ってみた 棚田の中を歩いて見学することができる 「あっちに行きたいな」という場所が見えていても、小川や段差によってうまく通ることができ…

こんなはずじゃないと思うんだけど『B−1グランプリin豊川 (2013)』

全国持ち回りで開催される『B-1グランプリ』が愛知県豊川市で開催されるということで、行ってみた 東岡崎から豊川稲荷へ行く乗換駅の国府駅。まずここで大行列 食事待ちの混雑は「ストレスの渦」といったところ。試合観戦とか花火とか全員が共有出来る目的な…

オスだけがカブトムシじゃない『赤塚山公園』

愛知県豊川市にある「赤塚山公園」に行ってみた ここは山の広い敷地にふれあい動物園、地元系水族館、水遊びエリア、遊具のある広場などなどが点在するファミリー向けの公園。すべての施設が無料なのもうれしいところ 今回は「ふれあい動物園」や「昆虫の森…

愛知ははしょられ気味な『三河臨海緑地「日本列島」』

愛知県豊川市の三河湾沿いにある三河臨海緑地「日本列島」に行ってみた 周りは海や川に囲まれていて、公園全体が”日本列島”に見立てて作られている 上陸するには橋の他に、平らな防波堤がある こっちの方が海をわたる感じで少し楽しい その地方ごとの特産物…