写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

巨大な炎に飛び込んでいく『西尾市・鳥羽の火祭り』(2018)

 

 2018年2月11日に愛知県西尾市の鳥羽神社で開催の『鳥羽の火祭り』に行ってきた

 

この祭は約1200年受け継がれている伝統的なもの

5メートルあるたいまつに火をつけて、何十人もの人がその中から「神木」などを競って取り出すのがメインの行事

 

 

 

まつり会場への道に大きな旗が建っていて目印として分かりやすかった

f:id:amano_shintaro:20180212104133j:plain

 

鳥羽神社は小山に建っている。普段の旗が立ってない状態だと場所分かりづらそう

f:id:amano_shintaro:20180212104137j:plain

 

屋台はオーソドックスなメニューが一通り並んでいた

f:id:amano_shintaro:20180212104416j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104409j:plain

 

「三河鳥羽の火祭」という名前のお酒の販売コーナーも

f:id:amano_shintaro:20180212104420j:plain

 

これが「すずみ」と呼ばれる大きなたいまつ。東西で2基がくっついて並んでいる

これが燃えるとなると相当大きな炎になりそうなのに、会場は小さめで周りの木々も近い

f:id:amano_shintaro:20180212104157j:plain

 

鳥羽神社の前の様子

f:id:amano_shintaro:20180212104402j:plain

 

 

クライマックスの火祭り”20時”

その前にまず”15時”から、火祭りを行う人たちは海で身を清める禊(みそぎ)の儀式を行う

f:id:amano_shintaro:20180212104140j:plain

 

真冬の寒風の中を「ワッショイ」と声を上げながら歩いていく

お酒を飲んだり、大きく体を動かしたりして何とか寒さに立ち向かう

f:id:amano_shintaro:20180212104150j:plain

 

鳥羽神社から海までは1km

f:id:amano_shintaro:20180212104153j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104201j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104206j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104210j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104213j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104217j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104221j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104225j:plain

 

この海に入って身を清める 

f:id:amano_shintaro:20180212120109j:plain

 

棒を持った先頭集団はまっすぐ海につっこんでいった

f:id:amano_shintaro:20180212104233j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104237j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104241j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104245j:plain

 

海から上がってきた時のために、あらかじめ火を起こしておく

f:id:amano_shintaro:20180212104249j:plain

 

肉眼ではなにやってるか見えないくらい遠くまで入っていった

f:id:amano_shintaro:20180212104253j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104302j:plain

 

中間地点で立ち止まってる人は危険防止のためにいるのかも

奥まで行くのと寒さは変わらないはず

f:id:amano_shintaro:20180212104257j:plain

 

数十分、海で身を清めた後に帰還

f:id:amano_shintaro:20180212104305j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104319j:plain

 

無茶苦茶寒くて無茶苦茶熱い、という状況

f:id:amano_shintaro:20180212104322j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104326j:plain

 

そしてまた極寒の中を神社まで歩いて帰る

f:id:amano_shintaro:20180212104331j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104334j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104338j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104342j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104349j:plain

 

神男からのあいさつがあり一旦清めの儀式は終了

f:id:amano_shintaro:20180212104353j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104357j:plain

 

この4時間後「火祭り」が行われる。いい場所をキープするため、ここでも寒さとの戦いが始まる

f:id:amano_shintaro:20180212104412j:plain

 

 

自分は西尾市街地まで行ってショッピングモールでぬくぬく買い物して数時間を過ごした

再び鳥羽神社に帰ってみると、さらに寒くなっていた

 

 

神社の入口に消防車がスタンバイ。この祭のヤバさがすぐ分かる光景

f:id:amano_shintaro:20180212104423j:plain

 

神社の境内には人が集まってきていた

f:id:amano_shintaro:20180212104428j:plain

 

初めてなのでベストポジションは勘で。今回はすずみを下側から観ることにしてみた

f:id:amano_shintaro:20180212104431j:plain

 

種火をつける儀式では、常にゆっくりとした拍子木の音がしていた。この音が速くなると火がついた合図とのこと

火打石で行うのでしばらく時間がかかったけど、小さな火がついたかと思ったらすぐに大きな炎になっていった

f:id:amano_shintaro:20180212104436j:plain

 

手に炎をもってハシゴを上りすずみの上の方に火をつけていく

f:id:amano_shintaro:20180212104439j:plain

 

いろんな角度から一気に火をつけていきすずみはすぐに燃え上がった

f:id:amano_shintaro:20180212104443j:plain

 

写真右下ではハシゴを上ってすずみを崩していく人が

f:id:amano_shintaro:20180212104447j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104451j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104454j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104458j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104502j:plain

 

客席まで火の粉がじゃんじゃん飛んでくる

一気に周りが煙に包まれたかと思うと、すぐにまたハッキリ炎が見えたりして様々な様相がみられた

この炎の状態で今年の天候や豊凶を占うとのこと

”煙が多い”と雨が多いとか”炎が巻いている”と台風が多いとか

f:id:amano_shintaro:20180212104507j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104510j:plain

 

東西2基あるすずみの中に入っている「神木」と「十二縄」というものを取り出すのが最終的な目的

みんなで力を合わせて引っ張り出して、神社の拝殿に持っていって「火祭り」は終了する

f:id:amano_shintaro:20180212104514j:plain

 

これが「十二縄」

f:id:amano_shintaro:20180212104531j:plain

 

これが「神木」

f:id:amano_shintaro:20180212104535j:plain

 

火祭りが終わった後も炎は消えない

f:id:amano_shintaro:20180212104518j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104522j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104527j:plain

f:id:amano_shintaro:20180212104129j:plain

 

まとめ

想像以上に危険でおもしろい祭だった

やってることの凄さに対して、お客さんはそこまで多くないので、お祭りギリギリに行っても十分いい場所で見られるのもイイ

車で行っても駐車場あるし、電車でも行ける場所という、行きやすくて観やすくてめちゃくちゃおもしろい祭。とてもオススメ!

こんなお手軽にとんでもないもの見られるなんてスゴイ。これから夜の部の火祭りは毎年観に行こうと思う!