写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

最小限の機材で最大限がんばる『ビア缶チキン』

今回は、火おこし実験を試しつつ『ビア缶チキン』を作ってみた

 

 

火おこしパート

前回”豆炭”に直接火をつけるのは大変だったから、まずは木炭に火をつけて、それから豆炭に広げていく作戦でいってみた

下から「着火剤、木炭、豆炭」と層を作ってほっといてみたところ、木炭へ着火が不十分で立ち消えしてしまった。さすがに最初の空気は大量に必要みたい

f:id:amano_shintaro:20171201204103j:plain

 

一旦豆炭をどけて、まずは木炭にしっかり火をつけることにした。こうすれば簡単に火がつくので、ある程度火が回るのを確認してから徐々に豆炭を上に積んでいくことにした

f:id:amano_shintaro:20171201204107j:plain

 

中の木炭が真っ赤になったので、改めて豆炭を全投入。今回はしっかり火が回ったので一安心。見た目が黒いうちは匂いが悪いので、火が回って全部真っ白になるまで待機

f:id:amano_shintaro:20171201204138j:plain

 

 

下ごしらえパート

今回は業務系のスーパーで冷凍の丸鳥を買ってみた。1.2キロで600円っていう破格すぎる価格。どこ産だったかは忘れた

f:id:amano_shintaro:20171201204112j:plain

 

常温で解凍した後、水で洗浄

f:id:amano_shintaro:20171201204117j:plain

 

味がつきやすいようにフォークで穴あけ

f:id:amano_shintaro:20171201204121j:plain

 

マジックソルトを全面に揉みこむ(この時は加減が分からなかったから写真くらいの量だけど、もっとしっかりつけた方があとあとおいしくなりそう)

f:id:amano_shintaro:20171201204126j:plain

 

その後オリーブオイルを揉みこむ

f:id:amano_shintaro:20171201204133j:plain

 

 

加熱パート

今回も家の縁側でのんびり調理。こんな感じの場所↓

f:id:amano_shintaro:20171201204146j:plain

 

3分の1くらい残した缶ビールを「ビア缶チキンスタンド」にセット。このスタンドはキャプテンスタッグのもので500円くらいで買ったヤツ

f:id:amano_shintaro:20171201204142j:plain

 

バランスよく立つように出来るだけ奥までさすのが大事。この作業はやや苦労した

f:id:amano_shintaro:20171201204154j:plain

 

炭に直接触れてしまわないように下にアルミホイルを巻く

f:id:amano_shintaro:20171201204204j:plain

 

目いっぱい熱そうな炭をぐるりと囲むように配置

f:id:amano_shintaro:20171201204208j:plain

 

前回、炭が消えることが分かったので、蓋をずらして横からも空気を入れることにした

そのおかげで火が消えることはなくなった。温度も心配していたほどは下がらず、ちゃんと一定の熱をキープしてくれていた

この機材に関しては”このやり方”が一番良さそう

f:id:amano_shintaro:20171201204215j:plain

 

30分経過でこの状態。ちょっと炭を足してみた

f:id:amano_shintaro:20171201204229j:plain

 

オリーブオイルを追加で塗布してまた蓋をした

f:id:amano_shintaro:20171201204233j:plain

 

1時間経過。熱調整用に予備で加熱している炭の方で、ウインナーを焼いてみた

f:id:amano_shintaro:20171201204242j:plain

 

こちらも超激安のウインナーが、そこそこおいしくなった

f:id:amano_shintaro:20171201204254j:plain

 

2時間経過で完成!

f:id:amano_shintaro:20171201204258j:plain

 

 

解体パート

 外側が冷えてても中は熱いので缶から抜くのに苦労した

f:id:amano_shintaro:20171201204310j:plain

f:id:amano_shintaro:20171201203619j:plain

 

”ケンタッキーフライドチキンのそれぞれのピース”をイメージして解体すると、割とスムーズにやれる

f:id:amano_shintaro:20171201203625j:plain

 

ササミと胸肉、手羽とモモと腰の肉、あとは骨にそれぞれ分けてみた

f:id:amano_shintaro:20171201203635j:plain

食べてみた感じ、まあまあおいしいかなってくらい。さすがに激安&外国産&冷凍の鶏肉は、たとえバーベキュー調理したとしても”とんでもなくおいしい!”というレベルにするのは難しいのかもしれない

今度作るときは、安いなりにもうちょっと丸焼きに適した鶏肉を使ってみようと思った

f:id:amano_shintaro:20171201204314j:plain

 

 

 

 【チキンつながりの記事】