写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

無機質の中で活き活きと『多治見美濃焼卸センター』

焼き物のまち多治見に来たので、美濃焼の本拠地『多治見美濃焼卸センター』に行ってみた

ここはたくさんの美濃焼メーカーが集まった工業団地で、有名な織部焼なんかの名前もあった。織部焼は美濃焼の一種らしい

f:id:amano_shintaro:20171109205545j:plain

 

この区画に入ってすぐにあるのが美濃焼の即売場「美濃焼スクエア」「組合会館」ここを中心として、それぞれの会社が配置されている

f:id:amano_shintaro:20171109205546j:plain

 

ずっとまっすぐの道路に各会社が並んでいた。一本でも道を間違うとだいぶ先まで曲がれない

f:id:amano_shintaro:20171109205550j:plain

 

無機質な工場の風景の中に立派な器が飾られていた。独特の存在感があって、より映えて見える気がした

f:id:amano_shintaro:20171109205549j:plain

 

 

工業団地の中にあるオシャレカフェ「スワンタイルカフェ」店のつくりからいって、もともと工場だったところをカフェにつくり替えたと予想

f:id:amano_shintaro:20171109205547j:plain

 

タイルで飾られているのがウリのお店。入り口からタイルの壁が始まっていた

f:id:amano_shintaro:20171109205548j:plain

 

中に入ると待っているお客さんが10人くらいいて、30分待ちとのこと

で、自分の番が呼ばれたときに「個室でもいいですか?」と言われたのでラッキーと思ってOKしたら、こんな感じの部屋に案内してもらえた

f:id:amano_shintaro:20171109205552j:plain

 

料理は健康志向で女性向な印象

この箸置きのタイルは貰えるシステム。思い出と実用を兼ね備えたいい道具だと思う

f:id:amano_shintaro:20171109205554j:plain

個室でのんびり食べられたのは良かったけど、タイルでの装飾感があるのは通常の食事エリアだったはず。ついつい個室でのんびりしててそっちを撮り忘れてしまった

今度来ることがあったらそっちで食べてみようかな

 

 

 

 【工業団地つながりの記事】

【焼き物のまちつながりの記事】