写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

山奥に眠る現代アートの理念『おちばの里・親水公園』

静岡県湖西市北部の山の中にある「おちばの里・親水公園」に行ってみた。ここは車で行ける場所では湖西市最北端。ここから北へ行くにはハイキングコースを徒歩で登るしかない

 

親水公園という名前だけあって、公園の中を小川が流れていた。森しかないはずの向こう岸に、新しめのハシゴがたっていたのが謎。その先にはハイキングコースとも違う特別な用途の道があるのかもしれない

f:id:amano_shintaro:20170711151932j:plain

 

公園はかなりの広さで長辺が200mくらいはありそう。なんでもないところにも大きく段差が作ってあったりして、しっかり造園&管理してる印象

f:id:amano_shintaro:20170711151933j:plain

 

いきなり現代社会を痛烈に風刺するようなベンチがあった

『仕事をして疲れていても、休日には自分の趣味に勤しんでしまい、結果さらに疲れてしまう。そうやって現代人は本当の”休み”をとれないまま、ただただ坂を滑るが如く「疲れの谷」に降りていくのだ』

みたいなことかな

f:id:amano_shintaro:20170711151931j:plain

 

さっきのベンチのコンセプトを考えると、こちらもメッセージ性があると予想

『命令された仕事は、こなすだけでいい。その中身が何であれ、その量がどうであれ、労働者には関係がないのだ。いかに速く行っても、いかに美しく行っても、その仕事を評価する人はこの山にはいない。いや、どのまちにだってそんな人はいないんじゃないか?』

くらいの意味かな

f:id:amano_shintaro:20170711151935j:plain

 

公園の近くにあるハイキング名所「一本杉」 親水公園が出来るよりはるかに前からここに立って、登山の目印になっていたはず。風格のある佇まい

f:id:amano_shintaro:20170711151936j:plain

 

 

 雪つながりの記事

杉つながりの記事