写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

買えるのんびりと買えないのんびり『ノリタケの森』

 愛知県名古屋市にある『ノリタケの森』に行ってみた。ここは陶磁器メーカーノリタケの工場跡地を利用した複合施設で、ミュージアムエリア以外は入場無料

f:id:amano_shintaro:20170611144230j:plain

 

近くに名古屋駅があるので外はすぐ大都会。ここは都会の中のオアシス的な存在か

f:id:amano_shintaro:20170611144229j:plain

 

1904年から稼働していた工場なので、古い赤レンガの建物が並んでいたりする

f:id:amano_shintaro:20170611144227j:plain

 

 

「ウェルカムセンター」ではノリタケの歴史や技術を知ることができる。白い大きなお皿に映像を映し出すのがノリタケ流

f:id:amano_shintaro:20170611144234j:plain

 

最盛期の工場の模型。煙突が並んでいる最も大きな工場の部分が、今は芝の生えた広場になっている

f:id:amano_shintaro:20170611144231j:plain

 

陶磁器生産から派生して、さまざまな分野に進出しているらしい

f:id:amano_shintaro:20170611144235j:plain

 

トイレメーカーの「TOTO」も、もともとはノリタケから派生した会社とのこと

f:id:amano_shintaro:20170611144232j:plain

 

真ん中のマドハンドみたいなもののデザインを見るに、わざと派手派手でぶっとんだセンスの器を作ろうとしたことが見てとれる。真剣にふざけてるみたいな仕事かな

f:id:amano_shintaro:20170611144233j:plain

 

 

 「ノリタケスクエア名古屋」ノリタケの食器と、テーブル周りの雑貨などが購入できる店

ジブリがテーマの食器が並んでいた。「となりのトトロ」以外にも「崖の上のポニョ」「魔女の宅急便」の食器も。みてるだけでのんびりできる品ぞろえ

f:id:amano_shintaro:20170611144237j:plain

 

帝国ホテル「ライト館」を設計したフランク・ロイド・ライトがデザインした食器があった。これは帝国ホテルで実際に使われていたデザインのもので「明治村」にある旧帝国ホテルでもこれを見たことがある。いま一番欲しい食器

f:id:amano_shintaro:20170611144238j:plain

 

2014年美食女子グランプリ金賞受賞の「ナッツの蜂蜜漬け」 よく分からない賞をとってしまってることは置いといて、味はとびきりおいしそう。そして値段もとびきり高い。1瓶1800円

f:id:amano_shintaro:20170611144236j:plain

 

 

元々大工場があった場所は芝びっしりの広場

f:id:amano_shintaro:20170611144242j:plain

 

何十年か前に使われていた巨大な煙突の根元部分が、今では公園のオブジェ的な役割を担っている

f:id:amano_shintaro:20170611144239j:plain

 

子どもが作ったのか、プロが子ども風に作ったのかギリギリなオブジェ作品が並んでいた

f:id:amano_shintaro:20170611144241j:plain

 

このノリタケの森は、頭をボーっと休憩させるのにもってこいな場所だと感じた。カチカチに角ばったアタマを解きほぐしてくれるような、ノンビリした雰囲気が漂っていた

f:id:amano_shintaro:20170611144240j:plain

 

 

 別の方向性の陶器のまちの記事↓工業地帯つながりの記事↓