写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

4夜連続で、観て遊んで踊る『岡崎城下家康公夏まつり』

愛知県岡崎市の花火大会の前に何日も行われるイベント『岡崎城下家康公夏まつり』が、今年(2015年)は夕方に時間を絞って開催された

 

 

 

・初日

 

いつも雨でぬかるむフードエリア前。今年は対策バッチリ(期間中に雨は降らなかった)

 

みたことないタイプのフワフワ系遊具が登場

 

 

 初日の目玉芸人「2700」

ひじを見せるネタで有名。自分としてはキングオブコント2011の「キリンレシーブ」が最高のネタだと思ってる

 

 4つの足別の形になったのオブジェ。どういう意味があるか聞き忘れた、うっかり

 

 ねぶたなので夜は光る!

 

子ども向けの自転車コースだったはずが、夜には謎の盛り上がりを見せて自転車vs走りのレースに

 

 

 岡崎城の目の前では盆踊り

 

 オカザえもんも盆踊る

 

 最後は花火



 

 

 

・2日目

 

まつり会場岡崎公園だけじゃなく八丁味噌工場にもある

 

こちらはメンコ紙芝居など「むかし遊びブース」が多数

子どもの評価基準新しいか古いかではなく楽しいかどうかだから、懐かしさとか関係なく遊んでいる

 

「日本エレキテル連合」のステージに人が殺到

 

 

 

また場所を岡崎公園に移して撮影

 

こちらは昨日も撮った岡崎城の前での盆踊り

 

盆踊りの合間で行われた「浴衣deショー」

その場にいる人を集めてランウェイを歩いてもらう企画。想像以上に出たい人が多く集まっていて、見る人出る人楽しんでいた印象。女性だけでなくいなせな男性なんかも参加してて新たなキラーコンテンツの兆し

 

 

 

グラウンド会場では、あのモリゾーとキッコロが来岡!

 

 昨日とは反対側から花火を鑑賞。こちら側は坂の上なのでただでさえ近い花火が、さらに近い

 

 

 

 

・3日目

伝馬通りを使ってのイベントがメイン

 

市長を先頭にクラシックカーのパレード

 

活躍が期待される数十団体の部活動にホープ賞が送られた

その中の光が丘高校吹奏楽部は、自分がもらう表彰の音楽までもその場で演奏していた

 

 

 

 愛知を代表するキャラたちのタイヤ交換対決

 

 初戦でオカザえもんが負けてしまったが、進行上都合が悪いので再戦になり打ちひしがれるだがやくんと、それをなぐさめるウルフィ

 

 

 夜には五万石おどりの参加者で道がいっぱいに

 

伝統的な「長持ち練り込み」や、みこしなどなど

 

 踊ってさえいればあとは何でもありのパフォーマンス

 

 

 

 

 

4日目最終日

 

予約すれば誰でも参加できるカヌー体験。岡崎城のすぐ間近というロケーション

 

インストラクターが大勢いるのでちょっとくらい無茶しても大丈夫

 

 

 歴史行事のために豊田側の方々が船に乗って登場

 

 豊田にいる松平家から岡崎市長に、家康の産湯が渡された。たぶんこの子が松平家の末裔

 

 

カヌー遊びの横では、着々とよさこい踊りの準備が進められる

 

 愛知県各地(県外もいたかも)から数十団体のよさこいチームが集結

 

 

 

 

最後は花火。こちらも予約しておくと手持ち花火が受け取れるので、手ぶらでOK

 

最後に打ち上げ花火があがって 、岡崎城下家康公夏まつりの全演目が終了

そして翌日は全国区の大イベント「岡崎観光夏まつり花火大会」が開催となる

 

 

 

 

【花火つながりの記事】

【パレードつながりの記事】