写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

となりまちまで行列行脚『御田扇祭』

愛知県岡崎市の六ッ美地区で開催の『御田扇祭』に行ってみた

これは江戸時代から伝わる稲の害虫除けと五穀豊穣を願う祭で、毎年”スタート地点の神社”から”隣町の神社”まで行列でを運び、20年かけて20の町をリレーしていく

 

今年のスタートは上合歓木町神明社というところから。出発地点で出し物が行われていて、剣技披露や踊りを見る事が出来た

 

 剣技は危険なので”立ち入り禁止エリア”があるけど、踊りはそんなのないからめちゃくちゃ近くで見られる

 

 

 

定刻になったので、行列で移動開始!

 

隣の神社までは1㎞くらいでわりと近い印象。
電線の度に大きなのぼりを寝かせなければいけないので、立ち止まってる時間のおかげで丁度いい時間になるみたい
逆に”電線ない時代”は、早く終わりすぎてたんじゃないかと気になった

 

この大きな扇であおぐのが本来の目的

 

今回のルートは新幹線を横切るダイナミックさ。江戸時代はこの道全部が田んぼだったはず

 

 

 

町と町の境界で扇などの受け渡しの儀式を行う

 

 

 

住宅地のかなり細い道を通ることも

 

こうして今回の引き継ぎ場所の下合歓木神明社まで行く

来年はここがスタート地点となり、その次の神社を目指すことになる



 

 

【六ッ美の祭つながりの記事】