写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

ロボットの現在『瀬戸蔵ロボット博2015』

愛知県瀬戸市の観光施設「瀬戸蔵」で開催された「瀬戸蔵ロボット博」に行ってみた

 

会場の入口の段階でもう未来が来ていた。モビルスーツを真っ赤にカラーリングするということは、造った人はジオン派だな

 

泳ぐラジコンはお客も操作可能。上下キーを交互に使ってドルフィンキックさせてすすむ。開発者が操作したときしかうまく進んでなかったから、タイミングにコツがあるみたい

 

 

 「瀬戸蔵」の吹き抜けゾーンはロボットのパラダイス

 

ロボットと言えばガンダムガンダムと言えばターンエー。ひな壇の中にもターンエーのプラモデルがあったから、マニアが潜んでいる事が確認できる

あんまり目立たないけどど真ん中に∀(ターンエー)ガンダム

 

 

大学の研究室単位での発表も。飾らない感じが理系の文化祭っぽくていい

 

 トランペットを吹くのはもう当たり前の世界

 

バンド形式で3体いる演奏ロボ。いちおう人っぽい形になってはいるけど、演奏に関する部分はロボロボしいつくりで、絶妙に気色悪くて面白い

 

肉付けすればなんとかヒトっぽくなるかも

 

手が6本あることを除けばほぼヒト

 

外側がもふもふしているだけでもかなりかわいくなる気がする。中身の構造を先にみちゃっていても和むなんて、もふもふの力は絶大だ

 

食品を袋に詰める産業ロボット。このイベントの中にいると、ロボットなのに人の形をしていないことが不自然に感じてしまう

 

 

「ロボコロ2015 in 瀬戸蔵」が同時開催。ロボットコロッセオの略で、自作の二足ロボットを出場させて一対一で闘う。ルールは相撲とほぼ同じで、相手を倒すか外に出したら勝ち

 

動きやダンスで楽しませる機体も。これは操縦者が後ろ手で操作し、あたかもロボがひとりで動いているようにみせている。やさしい工夫

 

 

 

 

 

【瀬戸市つながりの記事】