写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

ゾウ・シンポジウム聴講のため『豊橋動植物公園・のんほいパーク(前編)』

ゾウのシンポジウムが行われるとの情報を仕入れたので、愛知県豊橋市の動植物園『のんほいパーク』に行ってみた

 

最寄りの二川駅から歩いて7分。道中にはさまざまな動物達の石像が並んでいる。動物は全部違うので、このあたりの家は「ラッコの家」とか宛名に書いても郵便物届きそう

 

「かかってこいよ」な雰囲気を出す白クマ。そのを見れば本気度が分かる

 

7分ほどで『のんほいパーク』に到着

園内には美しい展望塔が中央に見える。これを目印にすれば自分のだいたいの場所は把握できる

 

運転手の方に顔をはめて撮影したいところだけど、そんなの「のんほい初心者」の考え方か

 

ドラクエ好きだから、こういうデザインにはきゅんきゅんする

 

この動物園はずいぶん前から、数種類の動物を同じ区画で飼育する混合展示をしていたはず

 

マンホールはここ特有の絵柄かな

 

一番大事な部分の毛づくろいはどうやってやるんだろう?

 

公式のルールくだけた方言で書かれると、しっかり守りたくなる

 

至近距離で見たら実物の白クマもすごく怖かった。北極を歩く時は絶対クマよけの鈴を着けようと思う

 

今回の最大の目的「ゾウ・シンポジウム」の前に、実物を見ておく。この冬に国内4例目のゾウの赤ちゃんが生まれたので、その子(マーラちゃん)をゾウ舎の裏でひっそりお披露目

 

 

赤ちゃんは他にもたくさん。マントヒヒの赤ちゃんは、顔のペインティングがまだだった

 

この子はこの日に生まれた赤ちゃん。親が赤ちゃんみたいな小ささだから、カワイさ2乗

 

 

 

 後編へ↓