写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

魚と人形と恋人の聖地『フィッシャーマンズケープ』

18切符を存分に使い新潟県柏崎市にある「日本海フィッシャーマンズケープ」に行ってみた。ホテル、海鮮センター、レストラン、恋人岬からなる複合施設で、日本海が間近に見える観光スポット

 

「日本海鮮魚センター」日本海の海の幸が、細長い造りの建物内にずらーっと並んでいた

 

お魚丸ごと焼きシリーズに惹かれる。焼くっていう手間がかかっているはずなのに、魚市場で並んでいる時より安くなってるような気がする

 

魚市場で生の海産物を買ってきて、すぐに室内バーベキューが出来るシステム

 

このあたりのB級グルメとして推されている『サバサンド』 サバのくさみすっぱめのソースが混じって、ちょうどおいしいくなる計算。そしてボリューム満点

 

先着1000名に無料配布の『浜汁』 いろいろな具がぎっしり入っていて、なかには高級なモノも

 

『イカスティック』 おいしそうな名前だったので何かわからず頼んでみた。イカが入った練り物が棒状になったもの。ピリ辛をちょっと越えたインパクトの大きな辛さ

 

 

「シーポートミュージアム」 羅針盤とか舵とか、アンティークな船の道具を買う事が出来る場所。何に使うか分からないけど、とにかくかっこいいものがわんさか並んでいる

 

乗組員は50万円。ヒトを一人雇うにはやっぱりこのくらいは要るんだなあ

 

 

「ミュージシャン人形館」音楽関係の人形が多数並ぶ博物館

 

 キャッツがテーマって書いてあったけど、キャッツ見たことないからどんなシーンかわからないや

 

案内看板の裏にはむかし掲示していたであろう内容が残っていた。以前には、サーカスがテーマの人形館もあったみたい

 

そのなごり、というか今もサーカス関係の人形がたくさん展示されていた

 

 

 

 

 

鮮魚センターのあるエリアから海の方に十数分歩いたところにある「恋人岬」 日本各地にある「恋人たちがカギをかけて愛を誓う場所」のうちの一つ。恋人の聖地とかラヴァーズスポットとか言われてポスターにまとまってたりするやつ

 

新潟の道路はやけに赤い。雪を消すために地下水をつかうんだけど、新潟の地下水鉄分が多く含まれていて、それが酸化して赤錆になるかららしい。土そのものも赤い場合が多いかも

 

さすがに皆が鳴らす鐘に直接カギを付けたら、係の人にすぐ取られてしまうと思う。カギを取られるということは、やっぱり別れる運命になっちゃうのかな