写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

深い歴史のわりにポップなパレード『家康行列』

岡崎市の人が家康や武将たちに扮して城下町の大通りをパレードする『家康行列』 今の市と観光協会が主催する体制になったものでさえ1959年と歴史が古く、それ以前にも江戸時代から行軍の儀式はやっていたとのこと

 

スタート地点の伊賀八幡宮で全員が出陣待機。そこらじゅうに武士がいて、平和な空気なのに何となくものものしい雰囲気が混ざってて、なんか笑える

 

武将用のも待機。このふたり、目がそっくりだと思う

 

 

まずは市長から出陣

 

グレート家康公「葵」武将隊も参列。カッコおもしろい

 

 

姉妹都市の観光大使の方たちも。ミス「石垣市」「福山市」「茅ヶ崎市」「金沢市」はぜひ姉妹にほしい

 

各地の美人たちに、も身を乗り出していた

 

岡崎の「交通少年団」 たしかにこのスカーフ留めはよく落ちる

 

愛知県知事も参列。すごく偉い人なんだけど、もうさっき家康さまを見ちゃってるからなあ

 

 

行列は厚生町から伝馬通り、東岡崎駅前をぐるりと歩いていく。広い範囲なので観客はいい具合に分散。先回りしてれば、常に前の方で見られる

 

こののぼりのシステムいいな。何かのイベントの時に真似たい

 

「毛槍投奴」というもの。こういう動きのある伝統いいな

 

 

「竹千代隊」

こちらは、かわいカッコいい。「勝ちどきじゃー!」「ヤーッ!」の瞬間

 

高貴な女性は優雅に参列。この車ほしい

 

友人だからといって悪ノリしてると容赦なく斬られる

 

赤備えの井伊直政隊は今年も外国人枠みたい。一番楽しんでる感じがした

 

 

江戸と昭和の融合という感じ。隊の最後尾で荘厳な音楽を鳴らしていて、いい味出してる

 

野盗との戦いみたいな寸劇

 

殿橋から見た明代橋

 

関ヶ原の戦いに参加した各地の武将たち。近い!

 

 

鉄砲演義。真ん中の人が、うちの家紋と同じマークだ

 

 

三河の武将揃いぶみ。井伊直政の兜が何かを発している

 

最後は三河花火。昼用の花火は煙が見せ所か