写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

子供は泣き外国人は笑い出す『池袋サンシャイン水族館』

池袋のサンシャインシティーの屋上(10階部分くらい)にある『サンシャイン水族館』に行ってみた

わざわざ高いところに魚たちを運ぶのが大変そうな立地

 

この水槽の中でサンゴを育てて、ゆくゆくは沖縄の海に返していく計画らしい。自然の海の環境に耐えさせるためには、ここで最大クラスに大きくしとかないといけなそう。アリアハンでスライムだけ倒してレベル99まで行かせるみたいなものかな

 

この水族館の目玉動物は、タコマンボウピラルクーだと思う

 

 ただでさえ大きいのに、水槽のレンズ効果でとんでもなく巨大に見える

 

 

 

むかしマンボウ見た時も相当窮屈そうだったけど、より窮屈な水槽に移されたような気がする

 

アロワナの鱗が、鯉のぼりの模様かとおもうほど絵に書いたような見た目

 

 

 

水槽が頭上にあってアシカを下から眺められる。ちょうど二頭が喧嘩していて大迫力

 

 

 

水生生物には関係ないけどミナミコアリクイが展示。生後2ヶ月の赤ちゃんはお母さんにずっとくっついている

 

お母さんが過酷な道を歩いても、赤ちゃんは平気でついていく。結果、上ったはいいけどひとりで降りられなくなったりして、見てるこっちがヒヤヒヤする

 

 

 

 

ピラルクーのあまりの大きさに、子どもが泣き、外国人が笑い出す

 

動物を「個」として意識させる素晴らしい企画。模様だけでも全然違うので識別は意外と簡単そう

 

 

上から見たアシカの水槽ゾーン

 

サンシャインの展望台からでもスカイツリーが見られる。かなり遠いはずだけどそれでも目立つ

 

自分が生まれた時の新聞の一面テレビ欄が見られる機械。一面は歴史の一部として楽しめるだろうけど、テレビ欄は0歳時じゃあ見てないから感慨も何もないかと。多分10歳時くらいのテレビ欄を指定した方が面白いと思う

 

 

前にも紹介したかもしれないけど、サンシャインシティー3Fくらいの庭園ウィザードリー的な造りで好き。直線と直角で形成された道が広がる

 

 

 

【RPGつながりの記事】