写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

写真家あまのしんたろう公式サイト。東海地方&愛知県を中心に、地域ブログ記事や、お祭り地域イベント、B級グルメの感想レビューなどをアップ。フォトグラファー活動として写真展やyoutube作品も展開

ヤミーアートミュージャム

美術館みたいな岡崎市のビジネスホテル『グリーンホテルリッチ徳川園』

自分の地元である愛知県岡崎市にあるビジネスホテル『グリーンホテルリッチ徳川園』に泊まってみた

ここは中心地の東岡崎駅から歩いて10分と近いわりに、宿泊料金が一人一泊4000円台と格安。しかしここの魅力はその安さだけではない・・・

 

 

○徳川園の外観

大きな道路を少し入って小さな山の入口のようなところにあるので、ホテルの周りは静か

グリーンホテルリッチ徳川園 外観 岡崎市

 

入り口では隻眼の犬が出迎えてくれる。この時点でただのホテルじゃないことが分かる

グリーンホテルリッチ徳川園 番犬 ビジネスホテル

 

 

 ○徳川園の内観

ホテルの中は美術作品だらけ。通路に所狭しと絵画と造形作品が並んでいた

グリーンホテルリッチ徳川園 内装 岡崎市

 

グリーンホテルリッチ徳川園 ビジネスホテル 岡崎市

 

立派な造形作品や名画のレプリカ、中にはリアルなヌードなんかもあって、自分が泊まる階だけでなく、他の階の作品も見たくなった

グリーンホテルリッチ徳川園 美術館 絵画

 

グリーンホテルリッチ徳川園 万里の長城 廊下

 

”馬関係の絵”は特に好き。馬を書いているかどうかでその作家の評価が変わるくらい好き。これは東山魁夷の作品だと思う↓

東山魁夷 B級スポット グリーンホテルリッチ徳川園

グリーンホテルリッチ徳川園 東山魁夷 馬

 

 

通路どころか階段にまで作品がビッシリ

グリーンホテルリッチ徳川園 写真 岡崎市

 

 

 

 ○徳川園の客室

泊まる部屋の前に思わず読書したくなるようなイスとテーブルがあった。通路の突き当りには、こういう設備だったりその階の目玉となる作品が置いてあるから角部屋に泊まれたらラッキーだと思っていい

グリーンホテルリッチ徳川園 客室 岡崎市

 

泊まった部屋自体も調度感のあるつくり。それぞれの部屋によって壺や絵などの調度品に違いがあるみたい

愛知県岡崎市 ビジネスホテル オススメ

 

部屋によって花瓶の置き場所もいろいろ

グリーンホテルリッチ徳川園 部屋 設備

 

このホテル、ビジネスホテルとしてやっているから激安だけど「たくさんの調度品が眠る昭和のレトロホテル」としてやってれば、1万円払ってでも泊まりたい雰囲気がある

ヨーロッパなんかにある監獄に泊まれるホテルとか洞窟に泊まれるホテルとか、そういう系統の視点で見ると、かなりいいセン行ってるホテルなはず

昭和レトロホテル 岡崎市 ビジネスホテル

 

この電話がちゃんとつながっているかは勇気の問題で確認出来ず。フロントにつながってる程度ならいいんだけど、そうじゃないところだったら困るし

トイレ 電話 世にも奇妙な物語

 

日が落ちてからの散策はちょっとしたナイトミュージアム。気の早い彫刻品は深夜を待てずにもう動き出しそうな雰囲気

ナイトミュージアム リアル冒険 レトロホテル

 

これらの作品は現オーナーの父が集めたモノらしい

先代の意志を継いでこのままの路線でいってもらいたいところだが、スペース的にも志向的にもこれ以上は増やさないとのこと

岡崎市 ビジネスホテル 激安

 

最上階に向かう途中で、ものすごい威圧感をおぼえた 

RPG ラスボス感 ライオン

 

まとめ

初めてここに泊まった時には、ただのビジネスホテルだと思っていたので度肝を抜かれた。先代のオーナーの趣味だから手放しに”B級スポット”ともいいにくい絶妙なカンジがたまらないホテル。宿泊料は安いのに”見方によっては最高級のホテル”なので、気になった人はぜひぜひ泊まってみてほしい!

 

またそれとは別に、自分の住んでいる町のビジネスホテルの窓から外を眺めるというのは変な気分だった。普段自分の住んでいるまちを旅行者として眺めてるみたいで新鮮というか奇妙というか

みなさんも”自分の町にあるホテル”に泊まってみたら、不思議な気分味わえて楽しいんじゃないかな

 

愛知県岡崎市 ビジネスホテル オススメ

 

 

 

 

【ホテルつながりの記事】