写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

ルーブルの会長がうっかり認めちゃってる『三重のルーブル彫刻美術館』

三重県津市にある「ルーブル彫刻美術館」に行ってみた。ここは実物から直接型を取ったというルーブル美術館の有名作品が1300点あるという美術館。1987年には当時のルーブル美術館の会長が来てコメントを残したこともあるらしい

 

ここの「カエルのオーケストラ」はよくこの美術館の紹介写真に使われるのでB級スポットファンなら一度は見たことあるはず

 

「彫刻館」ただの山の中に、不自然なほど洗練された建物が建っていて、頭が混乱してしまう。中にはルーブルの作品や有名な仏像の模造品が展示されている

 

 

 

ルーブル彫刻美術館のとなりには「大観音寺」というこれまた魅力的な寺がある。高さ33mの金色の観音様があって、それ目当ての人もいそう

そしてこちらのエリアにも美術館側と同じノリの個性的な音楽団がいた

 

時代の組み合わせがおかしいこの像も、数千年後には似たような時期にくくられて違和感なくなるかもしれない。いつか「携帯電話の化石」が発掘されたりすると思うと、なんだか今の時代に生きている実感がわいてくる