写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

B級スポット

世界にはこれより大きいものがあるのだろうか『日本一万華鏡』

滋賀県長浜市の黒壁スクエア内にある「フリーマーケットガーデン」にいってみた。商店街にここに入る横道があり、そこから奥に入っていく構造 ガーデン内は例えるならバーベキュー場っぽい雰囲気。ずっと続く細長い道の左右に、寂れた感じの小屋が並ぶ 閉ま…

岡崎ミステリースポット当確「牛乗山(うしのりやま)」

一畑山薬師寺の道をさらに奥までいくとある「牛乗山」勝手に「岡崎ミステリースポット」を考えてみたところどう考えてもトップ3には入りそうな場所なので紹介一畑山薬師寺の駐車場を抜けると異様に広い空間が その空間の端っこのかなり分かりにくいところに…

かつてのB級スポット王者のいま「紫峰人形美術館」

愛知県高浜市の吉浜人形本店内にある「紫峰人形美術館」以前は建物一つがまるまる美術館になっていたが2012年にその建物は解体され、隣接してた本館の6階部分に展示物の一部が移設された もともとトップクラスのB級スポットだったので規模縮小した今でもそん…

サイズ感、狂う『大テトラポット(渥美半島、車旅4)』

道の駅の対岸に見えたテトラポット。右の黒いものと左の白いもののサイズが違いすぎていたので、近くに行って確認してみることに やはり普通の海岸にあるものよりはるかに大きいテトラポット。ずっとこればっかり見てると、奥にあるノーマルサイズのテトラポ…

新しい同音異義語の発見「万場調整池」

野菜がテーマになっている遊具が池の半周くらいに点在 自分が知ってる「ぶどう」とはちがう「ぶどう」があるのかな

突然の登山「岩屋観音」

小高い山の上にある岩屋観音。車でここまで簡単に来られる 上の観音まで行くには岩山の急な道をチェーン使いつつ登る。豊橋は「突然登山する率」が高い気がする 頂上は少し休憩出来るベンチも。たぶんこの景色の先が海だと思うけど見えなかった はなれたとこ…

B級グルメといえばギャンブル場「豊橋競輪場」(後編)

お店の人に「これなんですか?」と聞いてみたところ「うーん、はんぺんを焼いたものだねえ」と言われた。他の店でも売ってたから名物かと思ったけど決まった名前はないみたい。分厚いはんぺんを焼いた味がした あんまりしっかり写ってないけど、ここのやきと…

昭和の場所に昭和風の演出「豊橋競輪場」(前編)

豊橋駅から出ている無料バスで移動。冷房の効き方が最高に気持ちよくてずっと乗っていたいくらい ゲートで50円払って入場。そこら中の壁にほのぼの系の絵が描かれていて、少しでもイメージアップさせたい狙いが見られる 各会場の開催ポスター。同じケイリン…

拍子抜けするほど特級観光地「東尋坊」

自殺の名所と聞いて恐る恐る行ったら凄まじい観光客の数で拍子抜け。海に吸い込まれる怖さより、人にぶつかる怖さの方が大きい

眺めていても楽しい遊具「天竜川緑地」

静岡県浜松市にある天竜川河川敷は広大な公園になっていて、運動場や広場、遊具がもりだくさん 健康器具や青空トレーニング器具コーナーも 中途半端なシーズンのためか”緑地感”がすごい。遊具なのに眺めているだけでも趣き深い

かの有名なぐるぐる公園「竜南緑地公園」

探偵ナイトスクープでも紹介された事のある浜松の公園。真ん中に入って回すタイプのこれは比較的安全な部類 ベタッと寝そべったりしがみついたりして回る遊具。一度回ると自分で止めにくいのが難点 足場が小さいので回り始めてから真ん中のポールにしがみつ…

あの『マンガ竜ヶ岩洞物語』の舞台!「竜ヶ岩洞」

静岡県浜松市にある鍾乳洞。地主と二人の洞窟愛好家によって拓いた話がマンガ『竜ヶ岩洞物語』になって売っていたりする 特徴のある石はそれぞれ何かに見立てて名前がついている ヘルメットは本物という工夫がされた顔はめ。パネルだけのものより顔のおさま…

愛知ははしょられ気味な『三河臨海緑地「日本列島」』

上陸するには橋の他に、平らな防波堤がある。こっちの方が海をわたる感じで少し楽しい 公園自体が日本の形になっていて周りは海。その地方の特産物がテーマのオブジェも 植えてある植物も地域に関連したものが多数 東京都と富士山。はしょれるところははしょ…

ピンボールで有名な中央線豊田駅「ネバーランド」

ピンボール大会も行われるゲームセンター「ネバーランド」 1978年のものから2008年のものまで6台 この「Banzai Run」は上の部分でもミニピンボールが出来る。 ほぼ垂直に近いので球のスピードが速くて楽しいオススメ台

足尾歴史館に行ってみた

足尾といえばここの写真を結構見る。 他の建物はここほど酷くはないんだけど、駅前で観光センター近くとすごく目立つ所にあるからなあ 中に入っているオモチャは新しめのものだったから、現役で活躍しているみたい。 22年くらい前に、これと同じ機体でルパン…

桐生競艇場に行ってみた

ここと蒲郡競艇場だけがナイター施設もっていて黒字だとか聞いた事がある。 たしかにすごくキレイ めちゃくちゃ綺麗な内装に予想屋がいるのがなんかおもしろい光景。 競馬場とはまた違うんだなあ 北側はうってかわって昔の建物のまま。 こっちの方が落ち着く…

妖精が写った写真『妖精ミュージアム(5)』

宇都宮に来た本当の理由がここ『妖精ミュージアム』 入場無料で市民ギャラリーの隣にひっそりある感じ。ここ自体が妖精のすみかっぽい地味な場所にある 妖精ミュージアムはそれほど広くなく、壁ごとに小さなコーナーがある 図書コーナーには妖精関連の本が多…

”あらかわ遊園”見学

すごくうまいタイミングで雷が来たので閉園後っぽい遊園地に遭遇。

三河工芸ガラス美術館とセントレア

西尾にある三河工芸ガラス美術館。2階のガラス館内は撮影禁止なので写真はないけれど、オススメ。 ガラスを使った美術品と、巨大な万華鏡装置、全面ガラス張りの部屋なんかがある。 特にオススメは「ガラス張りの部屋」の天井に光の点が無限に広がる状態の…

タバコと塩の博物館は思ったより面白い、特にタバコフロアは。

「ニコチン」が体の中で代謝された後は「コチニン」って名前になるらしい。 もともとの名前もおちゃらけ気味なのに、もじり方まで悪ふざけ感があってタバコの良いトコと悪いトコが見事に表されてると思う

貝がら公園

3ヶ月くらい前の写真だけど愛知県知多半島の公園。 1000段くらいの階段を歩いて山の頂上に向かう。 途中に遊園地 神社もある。 ここまで上る過酷さを考えると、すごく願掛けに向いている場所だと思う 神社の奥に行くといろんな作品が点在している 船型の展望…

念願の地元ビジネスホテル宿泊

岡崎のビジネスホテルに宿泊。国立分子研究所の近くでしっかりしてそう 入り口では隻眼の犬が出迎えてくれる 中はかっこいい調度品だらけ ところ狭しと飾られた絵画は一枚一枚趣がある。リアルなヌードとかも 置物関係もかなりの大きさ オーナーの父が集めた…

日立 レジャーランド

『ファンハウス』がオススメ。 足場が動くだけの単純なアトラクションながら、その生々しい音や振動の中にいるだけで異世界感がすごい。 大きな音をたてて大きなモノが動いているおかげで、そこに作用してる巨大なエネルギーを感じることができる。 勝手に20…

群馬特級観光地周遊。

前橋は都会なはずだから普通なはず、と油断していると痛い目をみる。川の水位がえらく高いし、家みたいな旅館があるし、県庁が点検中だし 「現代からくりおもちゃ美術館・ぽるぺっぽ」最高だった。木製の歯車を使った精巧なからくりは、たましい的な凄さをひ…

三重の榊原温泉あたり観光。

三重のルーブル彫刻美術館と、その隣接の大観音寺を見学。ここのかえるのオーケストラはこの筋に人なら一度は見たことあるはず 彫刻館は、ルーブルの作品や有名な仏像の模造品が展示されている。館の建っている土地に対して、不自然なほど作りが良くて頭が混…

箱根、伊豆ツアー

博物館の多い箱根、伊豆を探検。 まずはメジャーな場所をまわってみるツアー 「箱根3D宇宙恐竜ワールド」 中の雰囲気をそのまま伝えるようなマスコット的な存在。 それほど不細工でもない 「熱海城内」 城を守るためにはいろいろな事を学ばなければならな…

ぐるっとパス お台場編

『「それ」と呼ばれてしまう日』 『もう光はないのに影は残っているパターン』 「このまま寝かせてあげるのが幸せなのよ」とおかみさん。「そうですね」とぼく、カレーライスが冷めてしまうのが気にかかった 『舌切りすずめ』 大きなつづらと、もっと大きな…