写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

観光地・公園

ナスだって流れる血の色は同じ『サンテパルクたはら(渥美半島、車旅3)』

大きな花壇や小動物の鑑賞、アスレチック、農業体験ができる施設『サンテパルクたはら』 なんとなくここのメインなんじゃないかなーと思って期待していた花壇。確かに広かった! 大正、昭和に使われていた「電気機関車」が展示されていた。「電気機関車」と…

だんだんと緑色になっていく「向山緑地、豊橋市交通児童遊園」

大池を中心に公園になっている向山緑地。陸地だけでなく水上も緑化を進めているみたい。 不思議なシチュエーションの像が町中にある豊橋市。その中でもこれはかなりキてる方だと思う 事故が起こるので十何年前から使用禁止になっている遊具「ゆりかご」禁止…

ザ・カナザワの「兼六園」「21世紀美術館」

ここにある木そのものの魅力よりも、それをささえている木材の方により惹かれるのは、結構メジャーな感覚なはず 21世紀美術館の会議室的な場所。まわりがガラス張りでショー的な雰囲気になって、最高にいい会議が出来そう

オスだけがカブトムシじゃない「赤塚山公園」

水族館やさわれる動物園もある公園。外の広場にも色々な遊具があって子どもが楽しめる 動物がテーマの生垣も。だんだん成長して大きくなっていく 桃色の靴を履いてうさぎになることはできない すごく楽しそうで、すごく酔いそう。フィナーレに乗らないと公園…

万博ののこり香「愛・地球博記念公園モリコロパーク」

愛知万博の跡地「モリコロパーク」各国のパビリオンはなくなっているが、遊園地と公園など一部の施設は再利用されている。 モリゾーとキッコロは季節によって痩せたり太ったりしているみたい 危険動物は当時よりさらに厳重に管理されている 現在利用されてい…

大型船を見ながらバーベキュー『観音崎公園』

観音崎の東京湾海上交通センターのサイトで大型船の通過予定表を手に入れられる。 全長300mを越える船はビルが動いているみたい 近くのスーパーで食材を買う地産地消スタイル。 超お手軽な料理システムでおいしくいただく 観音崎灯台。 高台からみる巨大船も…

普段は夜景が見られない『八幡山公園の宇都宮タワー(7終)』

日が暮れてしまい入れるかどうか分からないまま、とりあえずダメでもともとの精神で向かってみた『八幡山公園』 すると普段はもう営業終わってる時間にもかかわらず、丁度花見シーズンで解放していたので、運よく入れることに アドベンチャーブリッジから下…

小田原城址公園に10年ぶりに行ってきた

小田原駅の駅ビル屋上からの眺め。 ここからだとお城の規模が分かりやすい この試練を乗り越えた者のみが、甘味を食べる事が出来るのだ 遊具の目立つところに余裕で案内板貼っちゃう親切さ。 雨だからかほとんどの遊具がお休み 本丸茶屋で北條うどんを食べる…

愛知万博公園「愛・パーク」(後編)

前回に引き続き万博公園 サツキとメイの家は今でも有料で、もちろんちゃんとガイドが付く。 映画の一年後の設定で、お母さんは退院して一緒に暮らしているみたい 建物はもちろん、道具や服やおもちゃなんかも再現されている。お客さんが勝手に引き出しやタン…

愛知万博公園「愛・パーク」(前編)

テーマは"自然の叡智"ということで、一度森を切り開いて建物立てた所をまた解体し、改めて緑の豊かなものにするという、ある意味とんでもない規模の実験が今も行われている瀬戸の会場 5年前に3回くらい来たと思うんだけど、風景が変わっててどこがどこだかよ…

さきたま古墳公園

やっぱり埼玉の底力はすごいと思う。 今夏は埼玉を狙って、作品つくっていきます。

カーテンの向こう。

新宿御苑の桜が見事だという声を聞いたので、今日の撮影予定を変更して行ってみる。 苑内にはたくさんの人がお花見していた。アルコールは禁止で、子ども連れのお母さんグループや遠足の子どもが多い。 ほのぼのしたのんびりムードの人たちが苑中にものすご…