写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

写真家あまのしんたろう公式サイト。東海地方&愛知県を中心に、地域ブログ記事や、お祭り地域イベント、B級グルメの感想レビューなどをアップ。フォトグラファー活動として写真展やyoutube作品も展開

ヤミーアートミュージャム

海・河川


ダム、渓谷、海岸、船着き場など、水の近くを撮影した記事のカテゴリー
水の近くって言うのはもともと人が集まりやすい場所だから、おかしなものやおかしなことも集まりやすい気がする



その名の通り危険(だった)海岸『大崩海岸(おおくずれかいがん)』

静岡県の焼津市~静岡市の市境になっている海岸沿いは道での崩落が多くそのままズバリ『大崩れ海岸(おおくずれかいがん)』という名前になっている 調べてみると、その崩落は昔に限った話じゃないみたいで、最近でもよく通行止めになっていた。特にに大きいも…

たくさんの手がダムに付いている『木瀬ダム』&森のトンネル『県道13号線』

豊田市と多治見市をつなぐ県道13号線を走っていると通りかかるこの『木瀬ダム』 いつもは入口見逃して気がついたら通り過ぎちゃうんだけど、今回は通り過ぎたのをひき返して寄ってみた 場所としては愛知県豊田市の北の端にある 道を入っていくと広めの駐車場…

無人野菜売り場くらいのサイズのベンチ『コデマリン』

静岡県湖西市の観光地図に名前があったので「入出公共マリーナ」に何となく行ってみた そもそもマリーナっていうのが何なのか分かってなくて、海っぽい何かだというぼんやりしたイメージを浮かべながらの移動 ここの愛称「コデマリン」という名前は、入出地…

マイナーな海水浴場というか湖水浴場『女河浦海水浴場』

静岡県湖西市の浜名湖に面した「女河浦海水浴場」に行ってみた 行った時は「海開き」にはひと月早かったので、一年のうちで一番荒れた状態だったかも 浜名湖は狭い部分で海とつながっているので、淡水に海水が混じった「汽水湖」となっている。海側は海水濃…

いろんなタイプの岩が主張してくる『日出の石門』

愛知県田原市の景勝地『日出の石門(ひいのせきもん)』に行ってみた 荒波によって浸食されて、真ん中に穴が開いた岩。写真に写っているのは岸の石門で、50mくらい先の海に沖の石門というものがある。この石門二つがセットになったものが『日出の石門』 季節…

サイズ感、狂う『大テトラポット』

愛知県田原市にある道の駅「赤羽ロコステーション」の対岸に”テトラポット”が見えた 右の黒いものと左の白いもののサイズが違いすぎていたので、近くに行って確認してみることに 途中で草原をかき分けて進むタイプの船に遭遇 ゴミかもしれないしゴミじゃない…

二つある豊橋の海『三河湾編』

愛知県豊橋市の北西部、”三河湾”に接している部分を見に行ってみた 川と海のあいだのギリギリのところ ”安全”のための手すりの先が、鋭角でちょっと”危険” 浮いてる何かに石をぶつけられるかゲームのプレイヤーたちに遭遇 太平洋側でも見た種類の鳥がいた 世…

巨石ゴロゴロ『王滝渓谷』

愛知県豊田市にある『王滝渓谷』に行ってみた 「おおたき」じゃなくて「おうたき」なので「う」をしっかり発音したくなる名前 急落差の渓谷のため巨石がわんさかあり、周りの木々の色と合わさって神秘的且つ冒険心をくすぐられる場所になっている 何が出てく…

拍子抜けするほど特級観光地『東尋坊』

福井県坂井市にある日本海に面した崖「東尋坊」に行ってみた 「自殺の名所」と聞いて恐る恐る行ってみたら、凄まじい観光客の数で拍子抜け。海に吸い込まれる怖さより、人にぶつかる怖さの方が大きかった どうやってをそこに行ったんだ?っていう位置に人が…

田んぼの様子は見に行ってない『大雨後の乙川』

2011年7月大雨後の愛知県岡崎市「岡崎公園の乙川」を見に行ってみた 一時は外側の堤防に差し掛かるほど増水していた乙川が、河川敷の高さと同じ水位に落ち着いたので、そこまで降りて撮影してみた "潜水橋"の名にふさわしく、何に抗う事なく水に沈んでいる橋…

戦艦見学クルージング『YOKOSUKA軍港めぐり』

神奈川県横須賀市でやっている『YOKOSUKA軍港めぐり』に行ってみた 横須賀駅近くの港から船が出ていて、米軍や自衛隊の基地に停まっている船を見学していく 米軍の敷地内なのに日本の国旗もかけてあって新鮮な感じ 潜水艦は想像してたイメージどおりのカタチ…

世界一の地下神殿『地底探検ミュージアム・龍Q館』

埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路『地底探検ミュージアム・龍Q館』に行ってみた ここは「地下神殿」と呼ばれる世界最大級の調圧水槽。予約制で見学会に申し込むと中に入ることができる これをつくる事によって、付近の小さな河川を治める事ができ、新…