写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

水辺

無人野菜売り場くらいのサイズのベンチ『コデマリン』

静岡県湖西市の観光地図に名前があったので「入出公共マリーナ」に何となく行ってみた。そもそもマリーナっていうのが何なのか分かってなくて、海っぽい何かだというぼんやりしたイメージを浮かべながらの移動 ここの愛称「コデマリン」という名前は、入出地…

出航した船と、過ぎ去った時間は、引き返すことを許してはくれない『佐久島行船のりば』

2010年から場所が移動して、今は一色さかな広場に隣接したところにある『佐久島行き船のりば』 入り口は行ってすぐのところに手書きで運賃が描かれていた。こうやって書かれるとついつい注目しちゃう。その日の気分によって値段書き換えたりはしない、いつも…

率先して道に迷った結果「とぼね運動場の近くの池」

愛知県幸田町のとぼね運動場をさらに上ったあたり

森を守れるなんらかの設備「とよおか湖」

愛知県蒲郡市にある「とよおか湖」ダムによってつくられた調整池で歩いて数十分で一周できるくらいの大きさ。 海側を見下ろすと「とよおか湖公園」がみえる。平日に行ったからか、公園にいる人よりも湖をジョギングしている人の方が多い印象。 湖の周回途中…

サイズ感、狂う『大テトラポット(渥美4)』

道の駅の対岸に見えたテトラポット。右の黒いものと左の白いもののサイズが違いすぎていたので、近くに行って確認してみることに やはり普通の海岸にあるものよりはるかに大きいテトラポット。ずっとこればっかり見てると、奥にあるノーマルサイズのテトラポ…

豊橋の二つの海「太平洋編」(後編)

砂浜にはたくさんの動物たちのおもかげ あんまりみたことない生活システム。

真南と北西にある豊橋の海「太平洋編」(前編)

南は太平洋、渥美半島をはさんで北西は三河湾のある豊橋市。とにかく真南に向かえばだいたいどこでも海岸に出る。途中の土がやけに赤くてアイダホの風景のイメージ。アイダホの土が赤いかどうかは知らない 農地にあった建物 海岸の入口。最近見た映画マッド…

人は水に集まるとかなんとか「三ツ口池」

そう観光地でもない池。人は歩いていないけどたまに車が来て奥の行き止まりでUターンしていく 池の上流側に道があり、公園っぽくなっている。さらに奥に行くと水門があり、さらにその奥に、それ以上進むといいこと起こらなそうな道が見えた。 ↓記事がgoodだ…

街から20分の湿原体験「葦毛湿原(いもうしつげん)」

湿原までの道のベンチ。座面が傾斜しているのは、この先の過酷さを伝えようとしているのか こういう食べ物があった気がする 林をぬけると開けた湿原が。木板の通路があって、気持ちよく歩ける 湿原で見かけるこれは油ではなく、バクテリアが作った鉄の酸化被…

昔は大変だったのが分かる名前「雨山ダム」

愛知県岡崎市を流れる乙川の上流部にあるダム。名前からして水害の多そうな地域「雨山」 ダムの入口の反対側にはいい雰囲気の扉。何かが起こっちゃうタイプの扉かもしれないから、まだ手はかけない