写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

歴史スポット

写真があるとテンション上がる『芸者置屋・小松楼』

静岡県湖西市の新居町にある元芸者置屋「小松楼」にいってみた ここは明治時代に、1階が芸者の置屋として使われ、2階が座敷として遊べるようになっていた建物。国の登録有形文化財に指定されている 現在は「小松楼まちづくり交流館」として開館していて、資…

うなぎは400年間ごちそう王『旅籠・紀伊国屋』

静岡県湖西市新居町にある旅籠「紀伊国屋」に行ってみた ここは江戸時代の初期から昭和30年代までやっていた東海道の新居宿の旅籠。紀伊国屋という名前は、紀州藩の御用宿だったことから来ているという 1874年に建て変えられた宿が廃業まで使われていて、近…

お金を払えば柵の目の前で見られる『新居関跡』

静岡県湖西市の史跡『新居関跡』に行ってみた。ここは日本で唯一現存する関所建物として国の特別史跡に指定されている施設 江戸時代に作られ東海道を通る際にはここで通行許可証となる「通行手形」を見せて人やモノの移動を管理していた。鉄砲や女性の通行に…

一桁違いの歴史「平安神宮」

120年前に博覧会の目玉として復元されたらしい 用地買収の頓挫のせいで実物の8分の5のサイズでつくられているという逸話の生々しさがいい 1200年前の平安京の復元モノとはいえこちらが出来てからも120年もたっているので相応の格式が備わっている雰囲気 建物…

逃げ道を残してくれる懐の深い展示「二川宿本陣資料館」

廊下部分は横に畳が置かれるほど広い。廊下に住める ボタン押すと何分か話して説明してくれるやつ。押したはいいけど、最後まで聞くほどじゃなかった場合用にキャンセルボタンがあるのがとてもうれしい。こんなボタン初めて見た

幻想的な地名の雲谷町にある「普門寺」

雲が生まれる谷みたいなイメージの雲谷町。その最も奥にお寺がある ここにあるスギが豊橋市の中でもっとも太いらしい。幹の胴が長く枝は上の方にだけあって、葉が雲っぽく広がっている

リアル懺悔室が見られる『宇都宮・松が峰教会(4)』

東武宇都宮駅の近くの教会。これは懺悔室かな?映画なんかでよく見るけど実物は初めて見るから確信持てない 二階部分は祭壇と長椅子が並んだメインな感じの所で、この三階は長椅子の席だけある。ここから見る祭壇が特にキレイ 3階からさらに上にいく道は無機…

洗足の小さな博物館「宮野古民家自然園」

平成7年まで実際に使われていた民家。 築200年以上らしい。 この廊下の板は継ぎ目がなく一本の木から出来ている 凄く綺麗な碑。 まるでアルフォートみたい すごく味のある謎の置物。 裏庭に置いとくにはもったいない

戦艦見学クルージング

横須賀の基地に停まっている船を見学。 近海情勢が不安定になってきているので、自衛隊、米軍ともに結構たくさんの船がある。 米軍の敷地内のに日本の国旗もかけてあって新鮮な感じ 百年くらい前の戦艦「三笠」を見学。 砲台はレプリカなんだけど、すごい迫…

豊川稲荷

稲荷だけにオトコには優しいらしく、キツネたちは向こう側からドアを開けておいてくれていた