写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

歴史

写真があるとテンション上がる『芸者置屋・小松楼』

静岡県湖西市の新居町にある元芸者置屋「小松楼」にいってみた ここは明治時代に、1階が芸者の置屋として使われ、2階が座敷として遊べるようになっていた建物で国の登録有形文化財に指定されている 現在は「小松楼まちづくり交流館」として開館していて、資…

うなぎは400年間ごちそう王『旅籠・紀伊国屋』

静岡県湖西市新居町にある旅籠「紀伊国屋」に行ってみた ここは江戸時代の初期から昭和30年代までやっていた東海道の新居宿の旅籠。紀伊国屋という名前は、紀州藩の御用宿だったことから来ているという 1874年に建て変えられた宿がそのまま廃業までずっと使…

お金を払えば柵の目の前で見られる『新居関跡』

静岡県湖西市の史跡『新居関跡』に行ってみた。ここは日本で唯一現存する関所建物として国の特別史跡に指定されている施設 江戸時代に作られ東海道を通る際にはここで通行許可証となる「通行手形」を見せて人やモノの移動を管理していた。鉄砲や女性の通行に…

まんまとエサにつられて写真撮るヒト『岐阜城』

岐阜県岐阜市にある金華山の上にある『岐阜城』に行ってみた まずロープウェイを使って山の9合目ほどまで行き、そこから十数分歩いてやっと岐阜城に到着 山と街のメリハリがある ロープウェイを使わない場合は登山コースという手もある。そっちルートから来…

ひこにゃんに会いに行く『彦根城』

春休み期間の18切符で滋賀県方面に行ってみた。まずは彦根に降りて”ひこにゃん”に会いに行ってみた 駅前の景色から彦根城推しがひしひし伝わってくる 駅前からほどほどの出来の彦根城のミニチュアを発見 城までの道中、フライングでひこにゃんに会う 隙あら…

一桁違いの歴史『平安神宮』

京都府の岡崎地区にある『平安神社』に行ってみた ここは120年前に”博覧会”の目玉として復元されたもの 用地買収の頓挫のせいで「実物の8分の5のサイズ」でつくられているという逸話があって、その生々しさがなんかイイ 1200年前の平安京の復元モノとはいえ…

逃げ道を残してくれる懐の深い展示『二川宿本陣資料館』

愛知県豊橋市にある『二川宿本陣資料館』に行ってみた ここは江戸末期に”本陣職”を務めた”馬場家”の屋敷を復元した施設 屋敷内も入ることができる 廊下部分は横に畳が置かれていて、廊下に住めそうなくらい広い 人形のクオリティーがずば抜けて高くて、リア…

近代に囲まれた神社『戸崎神明宮』

以前から車で通る度に気になっていた、愛知県岡崎市の国道248号線沿いにある”やけに新しい鳥居のある場所”に行ってみた どうやらここは『戸崎神明宮』という名前らしい 鳥居から神社に続く道がずっと下り坂というワクワクする構造 国道をはさんだ向かい側に…

リアル懺悔室が見られる『宇都宮・松が峰教会』

栃木県宇都宮市の東武宇都宮駅近くにある『松が峰教会』に行ってみた 観光マップに載っていたのでなんとなく歩いていってみたら、想像以上に立派な教会だった これは懺悔室かな?映画なんかでよく見るけど実物は初めて見るから確信持てない 祭壇のある階の上…

掛川の顔『掛川城』

静岡県掛川市にある「掛川城」にいってみた この街は模型に対する情熱がすごい。駅にも城の中にも城の外にもジオラマがあって、お土産もペーパークラフトを激押ししていたりする。なかでもこの模型は質感が独特でとても気に入った 顔はめパネルは観光地の花 …

洗足の小さな博物館『宮野古民家自然園』

東京都目黒区にある『宮野古民家自然園』に行ってみた 平成7年まで実際に使われていた民家で築200年以上らしい。建物自体がメインだけど、この地域で使われていた農具や日用品の展示などもあった この廊下の板は継ぎ目がなく一本の木から出来ている 凄く綺麗…