写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

愛知歩き

新たに古いものを創る『円頓寺商店街』

名古屋駅を北東に歩いて10分位にある『円頓寺商店街』に行ってみた ここは昭和30年までは賑わっていたけどその後は衰退していった商店街で、その状態を打破すべく2007年に若手商店主たちが立ち上がったとのこと。彼らの頑張りによって再発見的な町おこしが始…

真のこどもになるための試験『名古屋駅北東部・散策』

名古屋駅の北東部、ノリタケの森辺りから円頓寺商店街までを歩いて撮影してみた 子どもが入る学校なのか、おとなが子どもになるための学校なのか 軒先のちょっとした工夫だけでこれほどのインパクトを生み出すとは。店名も「アンチ」だから奇抜な表現が好き…

シソンヌのツッコミの人にソックリな店員さんに遭遇『大須商店街』

愛知県名古屋市の「大須商店街」をプラプラしてきた 大須は縦横に道が走る碁盤目状の作りで、ちゃんとした門のある入り口がたくさんある(ざっと6個くらい?) 原宿と巣鴨と秋葉原を碁盤目状に配置したような商店街が大須 もともとお店の入れ替わりの多い商…

名古屋の足元にいる能力者『フラリエ近くのマンホール』

名古屋の大須商店街近くの商業施設フラリエの前あたりで撮影 虫みたいなのが、手からバリアを出して壁を作っているマンホール この絵柄のマンホール、よくよく見たらここだけじゃなく名古屋のそこらじゅうにあることが分かった そして、もっと調べたら詳しい…

タハラクエストのおまけ写真

展示全体の内容の統一性問題だったり いいタイトルが思いつかなかったなどの理由で、今回の展示では使わなかった写真。「タハラクエスト」を今後再編集することがあれば一軍入りするかも。

サファリパーク半島『渥美半島行き当たりばったり』

渥美半島を適当に車で走って、気になったところがあったら撮影してみた海岸に出る道にあった小山。岩肌がアメリカンなチーズみたいで、かたいのかやわらかいのか分からない 主要道路沿いにあった畜産施設。車の窓からでも畜舎が間近に見えて、ちょっとしたサ…

かわいい名前と注意書き『名古屋市科学館』と『大須散策』

愛知県名古屋市にある名古屋市科学館。恐竜の企画展「恐竜・化石研究所」を見た後に常設展も合わせて見学してみた 休日で子どもたちが多かったので水のカラクリの原動力が豊富。全装置フル稼働は圧巻 「元素展示コーナー」には話題のニホニウムが。この時は…

ハードな散歩「豊橋の路面電車沿い歩き」

市街地の道にたくさんあるアートな像。不思議なシチュエーションなものが多くて面白い 乗った人が握る棒、パンダの方は竹をかじっている風でうまく処理出来てると思うけど、コアラの方は……

カーニバル!フェスティバル!「岩田運動公園」

テレビでプロの試合を見てるせいで忘れがちだったこと。「サッカーボールって思いっきり蹴ったとしても、あんまり遠くには飛ばない」 サッカーをやっていたスタンドの下。土の色が本格的 公園内には野球場、テニスコート、池、芝すべり用の坂などがある 運動…

せともののまち「せと銀座通り商店街などなど」

瀬戸の中心部にあるアーケード。せと末広亭では落語を中心に大道芸や、市民教室などが開かれる 前回来た時もコナン推しだった服屋さん。今回はさらにコナンの人数が増えた気がする アーケードの中にある室内アーケード的な道。気に入ってた総菜屋はなくなっ…

もじネタシリーズ 幸田町内での6コマ

西浦温泉郷

三河湾のリゾート地、西浦温泉を目指す。 てっきり西浦温泉と西浦駅は間近だと勘違いしていたので、駅から海に出るのでさえ苦労してしまった。何となく歩けばすぐ海なんてありそうなのに。 海の匂いよりも雨の匂いのほうが強いみたいだ おとなしく見られがち…