写真家あまのしんたろう公式ブログ『ヤミーアートブログ』

「ナンデモない日常は、ナンデモある日常なんだ」をモットーにおもしろ系な写真作品を発表しています

ヤミーアートミュージャム

岡崎ミステリースポット当確『牛乗山(うしのりやま)』

愛知県岡崎市にある一畑山薬師寺の奥にある「牛乗山」に行ってみた もし「岡崎ミステリースポット」みたいなものがあるのなら、どう考えてもトップ3には入りそうな場所 一畑山薬師寺の駐車場を抜けると異様に広い空間が その空間の端っこの、かなり分かりに…

日本夜景100選の昼と夜『蔵王山展望台』

愛知県田原市の東側、渥美半島付け根部分にある『蔵王山』に行ってみた ここは日本夜景100選に選ばれているらしい。夜景がいいという事は昼景もいいはず 風力発電の風車を見上げつつ、太陽光発電のパネルを見下ろせるスポット 「幸せ」は昼限定 駐車場にある…

日本のマチュピチュシリーズ『四谷の千枚田』

愛知県新城市にある日本の棚田百選「四谷の千枚田」今回は、水も張ってなければ稲穂もない一番地味そうな時期に行ってみた 棚田の中を歩いて見学することができる 「あっちに行きたいな」という場所が見えていても、小川や段差によってうまく通ることができ…

突然の登山『岩屋観音』

愛知県豊橋市の小高い山の上にある「岩屋観音」に行ってみた 車で写真の地点まで簡単に来られる。観音様が小さく写ってる 上の観音まで行くには岩山の急な道をチェーンを使たぐりながら登る。豊橋は「気楽に観光地に行ったら突然登山させられる率」が高い気…

新幹線からいつも見ていた『立岩』

東海道新幹線に乗って豊橋あたりで北側の車窓を見ていると目に飛び込んでくる大きな岩『立岩』に、実際に行ってみた 岩の麓に神社と小さな公園が。豊橋でよく見るタイプの遊具がここにも 一つだけのレゴは、レゴじゃない このあたりの生活の中にはいつも立岩…

この先の道のりを暗示するハードル『石巻山』

愛知県豊橋市にある『石巻山』を登ってみた 登山道の前半はまだ「歩ける」感じの道 階段になっていた木材は、両側の土が流れてしまっていてハードルみたいになっていた 山道の途中にあった社がギリギリのバランス感 「実際には〜」って文章はここに書いちゃ…

あの「マンガ竜ヶ岩洞物語」の舞台『竜ヶ岩洞』

静岡県浜松市にある鍾乳洞『竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)』に行ってみた 鍾乳洞の入口が壮大 地主と二人の洞窟愛好家によってこの鍾乳洞が拓かれたという話がマンガ化されて『竜ヶ岩洞物語』というタイトルで売っている 特徴のある石はそれぞれ何かに見立てて名…

日本最低級の山と世界最大級の水族館『天保山公園』

大阪府大阪市港区にある日本一低い山と言われる『天保山』(今は二位らしい)に登ってみた。標高は3m 奥にはすぐに海が見えるので、標高が分かりやすい 天保山公園の高台は”天保山の山頂”を見下ろす事が出来る。じゃあこっちの場所が実質”天保山の山頂”なん…

昼涼みがメインイベント『くらがり渓谷』

愛知県岡崎市額田町の『くらがり渓谷』に涼みに行ってみた 駐車場の時点でまちなかより2℃は涼しい。そしてその駐車場から木陰に入るとさらに2℃涼しい ここ「くらがり渓谷」は、PSゲーム「ぼくのなつやすみ」的な風景が現実にある感じ 「釣竿」と「死」を渓谷…

霧と嵐の火山地帯『大涌谷』

ロープウェイに乗って箱根の『大湧谷』に行ってみた 大涌谷は標高800mから1000mの箱根火山の噴気地帯で、ロープウェイ駅近くには観光化された遊歩道があったりする すごい霧と強風で、進んでるんだかなんだか分からない状態に 展望台の双眼鏡を使えば、ち…

描かれないシュプール『遠望峰山・人工スキー場跡地』

愛知県の幸田町と蒲郡市の境に位置する『遠望峰(とぼね)山の山頂』に行ってみた ここはかつて、山の斜面に人工芝がはられていて夏でもスキーが出来るレジャー施設 今は、どこがコースでどこが休憩所かさっぱり分からないほど自然に還っている。土の階段だっ…

三つの願い水を全部飲むのはアリ?『群馬特級観光地周遊』

群馬県を車で周遊してみた 「前橋市街エリア」 県庁所在地だから街は普通なはず、と油断していて痛い目をみた。川の水位がえらく高いし、家みたいな旅館があるし、県庁が点検中だし、電波塔がマント着てたりする 「赤城山エリア」 「現代からくりおもちゃ美…